「ねえねえ、起きて~」とでも言わんばかりに、肉球でポンポンとソフトタッチ。スヤァと眠りこける飼い主さんのほっぺをチョンチョン、またチョンチョンと叩く猫さまの様子が、フェイスブックに公開されておりました。

「ニィャ~~~……」「ミャ……」と、か細い声を出しながら、肉球タッチを何度も何度も何度も繰り返す猫さま。

これだけタッチしていたら起きてくれそうなものですが、飼い主さんは深~い眠りの中から抜け出てきてくれません。ひょっとして……肉球タッチをされたいがために、狸寝入りしていたりして!?

【お願いだからもっとやってください…】

真相はやぶの中ですが、もしもわたしが飼い主さんの立場だったら、「時と止まれ……」とうっとり願いながら寝たふりをすることは確実です。

だって考えてもみてくださいよ。こんなにモフモフで愛らしい猫さまが、肉球でほっぺをぷにぷにしてくれるんですよ。しかも、永遠に続くかのような勢いでやってくださっている……! 奥さん、こんなチャンスはめったにありませんよ!!!

【わたしも毎日コレされたい】

最後、あごの辺りをペロペロ舐めるというサービスまで追加してくださった猫さま。

こんなふうに毎朝起こされる飼い主さんが心底羨ましいっ。同じようにやってもらいたすぎて、今にも鼻血が出そうです……!

参照元:Facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

元の記事を表示