20170228maki002

仕事をしていると、理不尽なシーンにブチ当たり、思わず「バカヤロー!」と叫びたくなる場面だってあるはず。

とはいえ、働く女性としては口汚く「バカヤロー」と連呼するわけにはいかないだけに、ストレスが溜まりますよね。

マクロミルが1,000名に実施した「現代人の怒りの実態」調査によって、今年の冬「バカヤロー」と思った男女比率やその原因が明らかになっています。同調査をもとに、衝撃の実態に迫りましょう。

 

■「バカヤロー」と思いやすい年代がある!?

まず、2017年冬、“バカヤロー”と思った経験率を見てみると、全体では63.5%に「バカヤロー」経験がある実情が発覚。

過半数の人が、なんらかの「バカヤロー」と思う事態にブチ当たっていたようです。

男女年代別で分析した結果を見てみると、もっとも「バカヤロー」と感じた人が多かった(以下:バカヤロー率)男女それぞれの年代は以下のように。

男性・・・40代(バカヤロー率は73.3%)

女性・・・40代(同率は69.9%)

なんと……! 男女ともに40代がもっとも多い結果となりました。もっとも「バカヤロー」と叫びたい現代人は、年齢が40代の人たちなのですね。

では、どんなシーンで何に対して「バカヤロー」と思う人が多いのでしょうか。

 

■「バカヤロー」と思ってしまう原因トップ3

同調査では、最近「バカヤロー」と怒った人635名に「何にバカヤローと怒ったか」を調査。すると、回答が集中したTOP3は以下のようになっています。

3位:世の中の出来事、時事・・・34.3%

2位:恋人や家族・友人・知人などの人間関係で・・・42.4%

1位:職場や学校での生活の中で・・・47.9%

職場や学校など、社会的な場面で「バカヤロー!」と思った人が多い様子がわかります。

では、どんなシーンで「バカヤロー!」と言いたくなるのでしょうか。

同調査に寄せられたコメントを見てみましょう。

<「仕事が忙しいのに、1人ぶらぶらとトイレばかり行ってなかなか帰ってこない人に腹が立つ!」(女性30代)

「自分の考えをパクられた!それ私のアイディアじゃんか、バカヤロー!」(女性30代)>

サボりぐせがある同僚や人のアイデアをパクって平然としている人に対しては、確かに「バカヤロー」と言いたくなりますよね。

では、実際に声に出して「バカヤロー」と叫ぶ人が多いのは、どの世代なのでしょうか!?

 

■「バカヤロー」を口にしてしまう年代は……

「バカヤロー」と声に出してしまった経験を調査すると、全体では41.9%が経験済みとのこと。

そして、性年代別の分析で多かったのは、以下のようになりました。

男性・・・50代(60.8%)

女性・・・50代(39.8%)

なんとこちらは、男女ともに50代が最多。

この傾向を紐解いてみると、40代では心にしまった「バカヤロー」を50代になって思わず口にしてしまう人もいるのかもしれません。この年代差は、なんとも奇妙な傾向ですよね。

 

■「バカヤロー」を言わずに心を鎮めるコツ

意外と多くの人が、「バカヤロー」と思ったり口にしたりしている実情が明らかになりましたが、汚い言葉だけに、できるだけ口にしたくないのもホンネではありませんか?

「バカヤロー」と思う場面に遭遇してしまったなら、できるだけ早く心を鎮めたほうが、自分もラクですよね。

そんな場面では、心が落ち着くまでひたすら深呼吸をするのが手っ取り早い方法に。

「バカヤロー!」と心に浮かんだら、その考えにはフォーカスせずに、ご自身の深呼吸に意識を向けるのです。

そうこうしているうちに、やがて「バカヤロー」という思いは消え、心が穏やかになってくることでしょう。

 

以上、“現代人の怒りの実態”でしたが、いかがでしょうか?

仕事をしていると「バカヤロー!」と言えたらどんなにスッキリするか……と思う場面にも遭遇しがち。

理不尽な出来事や不快な思いをさせられたときには、下品と思いつつ心の中で「バカヤロー」と呟いている女性もいるかもしれません。

今回の調査を紐解いてみると、職場では40代の人がもっとも「バカヤロー」と思う世代で、50代の人が「バカヤロー」と叫び出すリスクが高い世代と言えそうです。職場の人間関係の参考にしてみてください。

 

【参考】

あわせて読みたい

「バカヤロー」注意報!口汚く罵ってしまう人が多い年代が調査で発覚BizLady(ビズレディ)で公開された投稿です。

元の記事を表示