普段から飼い主のひざを本拠地としている猫の場合、ピアノを弾くときもひざに乗りたがります。ずっとひざに乗られると重たいけど、ピアノの練習に付き合ってくれる相棒がいるっていうのはなかなか幸せなことです。

本日ご紹介したいのは、そばで聴いていただけでは飽きたらず、飼い主さんとピアノを連弾したくなっちゃった猫さんの動画。あんまりカワイイんで1日中観ていられますよ。

【世話のかかる連弾】

投稿者はイスタンブールにお住まいのピアノの先生Saper Darmanさん。Saperさんによればこの動画は「猫を寝かしつけている」そうなんですが、それぞれ鍵盤の上に手を置いている状態はまるでピアノの連弾をしているように見えます。

【邪魔だなあ(笑)】

眠り猫の担当音は真ん中あたりのファのシャープ。でも飼い主さんが前足を押してあげないと音はなりません。なんてったって眠っていますからね!

猫の手を借りているものの実に世話のかかる連弾です。すやすやと安らかに眠っている表情を見る限り、ピアノの音が子守唄になっているみたい。

参照元:YouTube
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

元の記事を表示