Fotolia_91239106_Subscription_Monthly_M

ついこの間新しい年になったと思ったのに、もう3月です。まだまだ寒い日もありますが、着実に季節は春へと移り変わろうとしています。毎日のメークも暗い色や落ち着いたトーンが多かった冬から脱出し、気持ちも軽やかに新しいシーズンへといきたいところ。

そこで今回は、株式会社資生堂ビューティークリエーションセンターが発表した、2017年春夏メーキャップ&ヘアの傾向をもとに春夏のトレンドについてみていきましょう!

 

■2017春夏シーズンは「ロマンティックエッジィ」で決まり!

ズバリ、「資生堂ビューティートレンド研究チーム」が提案する春夏のトレンドメーキャップは、「ロマンティックエッジィ」。いったいどんなメイクかというと、ロマンティックなのに甘すぎず、透明感の中にもややモード感を感じさせるものだそうです。

「ロマンティックエッジィ」のポイントは、全部を“盛る”のではなく、“盛る”と“抜く”のバランス感覚で春夏らしい旬カラーのピンクを取り入れると、このシーズンらしさがいっそう際立つとのこと。

では、具体的なパーツごとに見ていくと……。

(1)目元にはキラキラのラメ感を!

まぶたの輝きを際立たせるため、あえてアイラインは入れないこと! ラメの入ったクリームシャドーをアイホール全体にきかせ、まつ毛は根元からしっかりとカールアップさせ瞳に光を入れること。ボリュームタイプのマスカラをたっぷりと塗って輝きのある目もとにするとこの春夏らしさが出るとのこと。

2131_v1q10_421

(2)リップは明るめで攻める!

明るさのあるペールピンクリップは、ツヤのあるタイプをチョイスすること。内側から塗りひろげ輪郭はとらないことがこの春夏のトレンド。そうすると、ロマンティックな雰囲気になるそうです。

2131_v1q10_431

なるほど、全体的にさわやかな印象で、それぞれの個性をいかしたラフな感じ……ということでしょうか!? 目元もリップもキラキラとした輝く感じが春夏の光の眩しさにとてもマッチしそうですね!

 

■ 2017年春夏トレンドヘアは、「透明感×遊び心」

では、春夏のトレンドヘアはどうでしょうか? 資生堂ヘア&メーキャップアーティストの谷口丈児さんは、

<昨シーズンから見られた「作りこまないラフなスタイル」の傾向は今シーズンも継続。くせ毛っぽく見える自然なウェーブ、顔にハラリとかかるおくれ毛など、何気ない「ラフさ」にこだわるトレンドは変わりません。

ラフで軽快なアレンジスタイル。グレージュにカラーリングした髪にくせ毛風のゆるいウェーブをつけ、顔周りのおくれ毛と隙間をつくった前髪で、軽さと無造作感を表現。ナチュラルなウェーブは、毛束を軽くねじりながらヘアアイロンに巻き付けるのがポイント。大きめのクリップを左右非対称になるように大胆にとめれば、SNS映えする今っぽいヘアスタイルが完成です。>

と解説しています。

メイクとともにラフさがポイントなのですね。トレンドヘアを実践すると、インスタやTwitterなどでひときわ目立つ存在になりそうですね!

 

以上、2017春夏のトレンドメークでしたが、いかがでしょうか?

寒くて冬はどうしても引きこもりがちだった……という方も、訪れる新しいシーズンに向けて思い切りトレンドをとり入れてみませんか?

街にも、SNSにも“ロマンティックエッジィ女子”がたくさん現れるかもしれませんね!

 

【参考】

※ 資生堂ビューティートレンド研究チーム「2017年春夏のメーキャップトレンド」- 株式会社資生堂

あわせて読みたい

「ロマンティックエッジィ」が来る!2017年春夏トレンドメイク&ヘア最前線BizLady(ビズレディ)で公開された投稿です。

元の記事を表示