あなたは結婚後にも仕事を続けていきますか?

ひと昔前までは寿退社も主流でしたが、今は共働き夫婦も多い時代です。

仕事がしんどい女子ほど、「結婚して専業主婦になりたい!」という願望が湧いてくることもあるのでは。

イマドキの独身女子たちの“結婚と仕事にまつわる価値観”はどういったものなのでしょうか。

メディケア生命保険が1,000名の女子に実施した「イマドキ女子の結婚観・仕事観に関する調査2017」をもとに本音に迫ります。

「結婚したあと、仕事を続けたいですか?」

まず、同調査で「結婚をしたあとも、仕事を続けたいと思うか」と聞いたところ、「結婚をしたあとも、続けたい」と言う女子が71.7%、「結婚をしたあとは、仕事を辞めたい」と言う人は17.9%という結果になっています。

イマドキ女子の7割以上は、結婚後も“共働きしたい願望”が強い様子がうかがえますよね。

では、この傾向は、職種によって違いがあるのでしょうか。

職種や雇用形態によっても、仕事の負担や勤務時間が異なるので、意外なホンネが隠されているようなんです。

今の職場で続ける話かと言えば、また別のお話!?

実は、上記の「結婚をしたあとも、続けたい」という回答の割合は、「結婚する前と同じスタイルで続けたい」、「仕事を続けたいが就業スタイルをパート、アルバイトに変更したい」、 「仕事を続けたいが、就業スタイルを在宅ワークに変更したい」、「仕事を続けたいが、就業スタイルを正社員に変更したい」の合計値。

つまり、ひと口に「仕事を続けたい」と言っても、今の職場で続ける話かと言えば、また別のお話なのです。

結婚しても「今の職場で続けたい」という人の割合は!?

そこでまずは、現在の仕事を「会社員」「公務員」「パート・アルバイト」に区分し、それぞれの層で「結婚する前と同じスタイルで続けたい」と答えている人の割合を見ていきましょう。

会社員・・・36.9%

公務員・・・70.7%

パート、アルバイト・・・42.9%

なんと! 会社員をしている女子では、現在と同じスタイルでの勤務を希望している人は少数派。一方、公務員は「独身時代と同じように働きたい」という意向が強かったのです。

処遇や勤務時間によっても、「結婚しても、ここで働き続けたい」と思えるかどうかには、大きな差が出そうですね。

パート・アルバイトを積極的に望む女子の割合は…

また、同質問に対して「仕事を続けたいが就業スタイルをパート、アルバイトに変更したい」と回答した女子の割合を、現在「パート・アルバイト」の女子を除いて見てみると、以下のようになっています。

会社員・・・33.0%

公務員・・・9.8%

公務員は現在の職場で続けたい人が多かったので、パート等の勤務体系を望んだ女子は少数派なものの、驚くべきは会社員の割合です。

なんと、前述の「今の職場で続けたい」という人とほぼ同じ割合の女子が、「結婚したら今の会社はやめて、パートで働きたい」という理想を掲げていたのです。

妊娠、出産、子育てなどのライフイベントを見据えての理想かとは思われるものの、“共働き”と言っても「今よりも、ゆるめに働きたい」という願望を抱く女子も少なくない実態が浮き彫りとなりました。

以上、イマドキ女子の“共働き願望”に隠された本音でしたが、いかがでしょうか。

「結婚後も共働きを続ける夫婦が増えている」とは聞くものの、その実態には、今の会社や職場で仕事を続けるのとは、全く違う理想が隠されているようです。

【参考】

イマドキ女子の結婚観・仕事観に関する調査2017 – メディケア生命保険

元の記事を表示