頭部に装着するウィッグは昔から存在するし、付けまつげは今や女子にとっての定番商品。だけど「つけ眉毛」は正直、これまで聞いたことがなかったゾ!?

「つけ眉毛」こと、眉毛用のかつらがあるらしい。しかもなかなかの人気を得ているらしい。

そんなウワサを耳に入れたわたしは、さっそくショッピングサイト楽天市場をチェックしてみました。するとあるわあるわ、「付け眉毛」のバリエーションの多さに度肝を抜かれてしまった次第!

【需要の幅は大きそう】

そもそもは抗がん剤治療や円形脱毛症などが原因の「眉毛の脱毛」で悩む人のため、医療用として作られているという「付け眉毛」。

様々なカラーやかたちがあるから、「昔抜きすぎちゃって生えてこない……」という、わたしのようなアムラー世代にも需要がありそうです。それにコスプレが趣味の人なんかにも、向いてそう♪

【立体感を出せるところが最大の強み】

眉をペンで描いても、はたまたアートメイクを施してみても、立体感だけはどうしても出せないもの。

しかし「付け眉毛」ならばこの点はラクラクでクリア! 見た目はとても自然で、一見しただけでは「付け眉毛」だと見破ることができないように感じられます。

【専用の接着剤で付けるみたいです】

位置や角度も好みで調整できるので、顔の印象を変えたいときにも役立つ予感。

楽天市場内ショップ「ウィッグのルネス」の「付け眉毛」は100%人毛なのでなおさらリアル。専用の接着剤で付けますが、敏感肌の人でも使えるタイプの素材を使用。装着感はストレスフリーとのことなので、付け心地も問題なさそうです。

【どんどん便利になっていくなぁ…】

使用頻度にもよるそうですが、普通は4カ月から6カ月ほど使い続けることが可能。「眉毛がちょっと足りない」といった場合は専用のパウダーも販売されているので、あわせて使ってみるといいかもしれません。

またお風呂や温泉などでキープするのは難しいようですが、日常生活では問題ないそう。少々汗をかいたくらいでは落ちないようなので、来る夏にもぴったりですねっ。

「ウィッグのルネス」の「付け眉毛」の価格は1セット税込み1万7820円と、付けまつげと比べると高額。気軽に手を出せるお値段ではありませんが、眉毛に悩みをお持ちの方や、眉のかたちを変えて楽しみたいという方は、試してみてもいいかも?

参照元:楽天市場
執筆=田端あんじ(c)Pouch

元の記事を表示