2017年8月12日、ツイッターユーザーよこぼうるさん(@yokobouru_)が公開していたのは、飼っている文鳥たちが水遊びする姿。リツイート数7万8000超、「いいね」の数16万1000超と、大人気ツイートとなっていたようです。

これほどまでに注目を集めていたのには、モデルとなった文鳥たちが可愛いことに加えて、もう1つ理由があります。それは写真に写っている状況がちょっぴり、いやかなり、フツーじゃないから。

【決定的瞬間をカメラがとらえた!】

水を張った平たいお皿の中で水遊びする、1羽の文鳥さん。その背中の上にもう1羽の文鳥さんがドーンと乗っかるというカオスな光景が繰り広げられておりまして、下になった文鳥さんはなんともいえない表情をしています。

面白いのは、乗っかっている側の文鳥さんも「こ、これでいいのか?」とでも言わんばかりに、戸惑ったような顔をしている点。

よこぼうるさんの別ツイートによれば、2羽の文鳥さんの名前はモールとシールで、普段はピッタリ寄り添いあって眠るほど仲良しのようです。そこまで仲がいいのなら攻撃ではないのだろうし……画像から推測するに、ひょっとしたらうっかり、着地場所を間違えてしまったのかもしれませんねぇ。

【可愛いやりとりにみんながほっこり】

偶然撮れた “奇跡のショット” にはコメントもたくさん寄せられていて、「下の子、上の子の重みに耐えて苦しそう(笑)」「乗られた子は沈まないのですね♡」とほっこりムード。

ちなみにツイートによると、文鳥さんが乗っかったのは一瞬だったらしく、しかもこういった状況には慣れているそうなので、心配はいらないそうですよ~!

こちらのお宅では6羽の文鳥を飼っているそうで、モールとシールの身に起きた悲劇(喜劇?)を冷静な表情で見つめている他の鳥たちにもじわじわきます。こんな瞬間を目の当たりにしたら、悲しいことや辛いことがあったとしても、ぜ~んぶ吹っ飛んじゃいそうですね♪

参照元:Twitter @yokobouru_
画像=@yokobouru_ used with permission
執筆=田端あんじ (c)Pouch

元の記事を表示