女性としては真剣に交際しているつもりでも、相手の男性からするとそうでもない場合が往々にしてあるもの。ショッキングかもしれませんが、「都合のいい女」として見られている可能性も。

二股などの衝撃の事実を告げられれば、大きなショックを受けるのは当然。回避するためには、いちはやく察する必要があるでしょう。

今回は、『BizLady』が500名の男性に「本命じゃない女性に対して、ついしてしまいそうなことは?」というアンケートを複数回答可で実施したので、結果をご紹介します。

5位:「予定を考えず急に誘う」・・・73人

恋人同士二人でどこかに出かける際、前々から予定を立てるはず。「いつにするか」「どこに行くか」など、そんなやり取りも盛り上がるし、なにより当日を迎えるまでの期間が楽しみで仕方ありません。

急に誘うということは、そういった期間をはしょること。大好きな相手に対して、そんな行動を取るものでしょうか? それは、男性にとって“都合のいい女”というサインかもしれません。

4位:「会うとき服装に気を遣わない」・・・76人

大好きな人と会うとき、自分の一番良い状態を見てもらいものですよね。服装も、大事な要素のひとつです。普段、無頓着であったとしても、会えばどこかにその努力が垣間見えるはず。

気を遣わないというのは、心を許しているからだとも言えますが、例えばジャージにサンダルといったコンビニに行くような格好で現れたらどうでしょう。

極端な話かもしれませんが、それは所詮コンビニに行く程度の“都合のいい女”だったと捉えるべきなのかもしれません。

3位:「将来的な話はしない」・・・97人

付き合っていて、しかも大好きな相手であるのなら、ずっと一緒にいたいと思うでしょう。

結婚とまでは言わなくても、「どこに住みたい」「こんな場所に行ってみたい」など、漠然とですが将来的な話が口から出るもの。そして、彼が頭に思い描いている光景には、あなたの存在が必ずあるはずです。

まったくそういった会話がない場合は、敢えて話さないのか、もしくは本当に何も考えていないからか。あなたとの関係が、今だけを楽しむ相手であるという可能性も、頭に入れておくべきかもしれません。

2位:「目的がないと会わない」・・・127人

大好きな人と一緒なら、何をしても楽しいはず。何もすることがなくても、同じ空間にいるだけで幸せだし、穏やかな気持ちになります。愛し合っているのなら、会うことに目的も理由も必要ありません。

二人で会うとき、いつもどこかに出かけるというのはとても楽しいこと。でもそれは、彼の気持ちのベクトルがあなたにではなく、その目的に向かっているとも考えられます。一人ではできないこと、行けない場所に伴う“都合のいい女”である可能性は否定できないでしょう。

1位:「用事がないと連絡しない」・・・141人

電話やメールを苦手とする男性もいます。反対に、大好きな人とは、いつでも繋がっていたいと思う男性も多いもの。そんなタイプの場合、時間や感動を共有したいと思い、こまめに連絡を取り合うはずです。

連絡を怠る彼に対して“面倒くさがり”と一方的に捉えるのは危険かもしれません。もしかしたら他の女性にはこまめに連絡をしているかもしれないからです。

「おはよう」「おやすみ」といった挨拶を無視するようなら、考えもの。いつも自分発信ばかりではなく、たまには相手からの連絡を待つような冷静な姿勢も大事かもしれませんね。

以上、“男性が思う本命じゃない女性に対してついしてしまいそうなこと”でしたが、いかがでしょうか?

交際していても、不安は尽きないものです。「本命じゃないかも……」と感じるようなシーンもあるかもしれませんが、疑い過ぎるのも良いことではありません。上記の結果は参考程度に考えてください。

もし本命でなくても、「本命になってやる!」ぐらいの意気込みも、ときには必要かもしれませんね。

元の記事を表示