koiha
45歳の冴えないオジサンと17歳の女子高生の恋愛。

現実にあったら犯罪のニオイしか感じられないわけなんですが、これが驚くほどさわやかで甘酸っぱくてキュンキュン来る。

それが「月刊!スピリッツ」で連載中の漫画『恋は雨上がりのように』(眉月じゅん/小学館)。主人公は高校2年生の橘あきら。彼女が恋をしているのは、バイト先のファミレス店長・近藤。寝ぐせがついてるわ、ズボンのチャックが開いてることあるわ、頭に10円ハゲがあるわでまったくもってパッとしないオジサンで……。

スピリッツといえば成人男性向けの漫画雑誌ですが、女性が読んでもハマること間違いナシ! 今回は『恋は雨上がりのように』の3つの魅力についてご紹介したいと思います。

【その1、どストレートな恋愛漫画】

好きな相手をじっと見つめているつもりのあきら、でもそれを「そんなに睨まないでくれよ」と言っちゃう鈍感な近藤。あきらの「あたし、店長のこと好きです」という告白に、「本当にイ!? ありがとー!!」と無邪気に喜ぶ鈍感な近藤。

……オイッ、近藤鈍感すぎんだろーーーー!!!!

なんてツッコミたくなりますが、この男女や年齢の差から生み出される気持ちの「すれ違い」。これはまさに恋愛漫画の王道! このヤキモキ感がたまりません。

【その2、何かを抱えた主人公たち】

あきらは一見、感情表現が少なくてクールに見えるけれど、内に秘めた思いは実は人一倍。陸上に情熱をそそいでいたものの足を痛めてあきらめなくてはならないという傷を抱えている。近藤は冴えないバツイチ子持ちではあるけれど、実は純文学作家にかける思いを捨てきれない。

そんな表面上は順風満帆に見えても、誰しも心の中には他人には計り知れない何かを抱えていたりするもの。恋愛や夢などあきらめきれない何かを少しでも持つオトナたちには、ふたりがもがいたり悩んだりする姿に胸がキュッとなるはず。

【その3、恋をすることのすばらしさ】

17歳女子高生と45歳オジサンの恋愛模様がこんなにさわやかな理由。それはふたりが純粋でまっすぐだから。もし近藤が島耕作並みの野望と性欲を秘めた男だったら……もうダメ。ぜんぜんダメ。「あきら逃げてーーーっ!!」って違う意味でドキドキしまくりそう。

誰もいないところで近藤のシャツをクンクン嗅いだり、雨にびしょ濡れになりながら「あなたのことが好きです」告白したり、はたまたデートの約束を取りつけたり……そんな情熱的なあきらに対して、ちゃんと理性的な対応をしてくれる近藤だからいいのです。まぁ、理性的というよりは枯れてるだけとも言えるけど。

しかし、そんな近藤にも少しずつ変化が。自分の何気ないひとことで誰かの心を心を揺らす新鮮さ、うれしいと感じることがふえる喜び。近藤自身は何一つ変わっていないのに、たしかに毎日に変化が起きている……それは純粋に恋の力によるもの。17歳だろうが45歳だろうが恋ってすばらしいと読んでいるほうも思えてきちゃうから不思議。

【3巻が発売されたばかりですが……】

ふつう、主人公が恋心を明かすのはクライマックスだったりしますが、この作品、1巻ですでにあきらは近藤に告白します。ビックリ。でも、そこからどうなるか……わからない。

1巻・2巻につづき3巻が9月11日に発売されたばかり。この3巻のラストがまた「えぇぇぇーーーっ!?」と気になる展開で。はよ、4巻ください!!

いま恋をしている人も、恋にやぶれた人も、恋を忘れた人も、すべての人がキュンキュン・ヤキモキしちゃう『恋は雨上がりのように』。「月刊!スピリッツ」公式サイトで第1話が試し読みできますので、興味を持った方はまずそちらから読んでみて。

参考:月刊!スピリッツ『恋は雨上がりのように』
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む

オリジナル記事: 『恋は雨上がりのように』第3巻発売! 45歳オジサンと17歳女子高生のさわやかで切ない恋愛模様から目が離せない!!
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事