男女のデュエット曲など、いくつかのパートに分かれている歌を歌おうとするとき、誰か他に歌ってくれる人がいないと歌いにくいですよね。

ところがこの難問に解決策が見つかった模様。それは「背後に鏡を置いて、セルフィーしながら歌う」という方法で、ここ1カ月ほどの間、海外ツイッターユーザーの間で「ひとりデュエット動画」がじわじわ流行っているようなんですよね。

【歌は基本「口パク」です】

この「ひとりデュエット動画」を撮る時に絶対に欠かせないのが、まあまあ大きめな鏡と、セルフィー動画を撮影できるスマートフォン。なお鏡は、姿見や洗面所の鏡がベストなのではないかと思います。

そしてもう1つ必要なのが、歌入りの音源! 自分で歌える人は歌ってもいいけれど、プロでもないかぎり歌い分けするのは難しいし、歌は基本的に “口パク” です。

【別パートを歌う時だけ鏡を見て、顔を思いっきり作る!】

準備ができたら、さっそくトライ開始☆

まずは動画モードにして撮影をスタート、メインパートを歌うときは、いつもどおりのセルフィーで問題ありません。しかし男性パートなど別パートを歌うときには、頭だけくるっと回れ右して、鏡に視線を向けてほしいんです。大事なのは、そのとき顔も思いっきり別人になりきること。

頭が動くのと同時に、カメラも鏡へロックオン。このカメラワークで、あたかも “自分のクローンとデュエットしている” みたいな動画を作成することができちゃうんですよ~。みんな、あったまいい~!

【日本でも流行らせちゃお☆】

この “鏡デュエット” 人気に火をつけたきっかけは、おそらくアメリカの人気シンガーソングライター、デヴィッド・ジェイムズ・アーチュレッタさんがツイッターへ投稿した動画。約2週間で再生回数943万回超という、驚異的な数字をたたき出しているんです。

日本ではこの方法はまだ有名ではないようなので、我こそはという人は、この世紀の大発見(?)にいち早く挑戦してみたらいいと思うよ~!

参照元:Twitter @DavidArchie@irnyirdina@RickyPDillon@ylracbutler@eliseosafo@hansleighs
執筆=田端あんじ (c)Pouch