「虫が苦手」という人は、きっと少なくないかと思うんです。

虫の中でも「嫌いな虫」としてよく名前が挙がるのが、「クモ」。今回はそんなクモを主役にした可愛らしいアニメーション『Lucas the Spider』を紹介したいと思います。

アニメーションとはいえ、現段階では制作途中のよう。2017年11月5日にYouTubeにアップされていたのはアニメーターのジョシュア・スライスさんが作った「Lucas the Spider」というテスト動画。その長さはわずか20秒と短めなのですが……インパクトがすごくて、すでに720万回以上も再生されているのです!

【甥っ子が声を担当】

登場する小さな小さなクモの名前は、ルーカス(Lucas)

全身灰色の毛に覆われていて、ぐるりと動く大きなお目目がチャームポイント。声を担当しているのが制作者の甥っ子・ルーカスくんらしく、おそらくここから名前を取ったものと思われます。それにしてもこれ、アニメには見えません。まるで本当に生きてるみたい。

【制作者はあの有名作品のア二メーター】

ジョシュアさんはたった1人で、デザインやモデリング、アニメーションライティングなどを行っているのだそうですが、その出来栄えはかなりハイレベル。

それもそのはず、海外サイト「Simplemost」によるとジョシュアさんは大ヒット映画『ズートピア』のアニメーターを務めた方らしく、クモのルーカスのイキイキとした表情や動きには、その片鱗が感じられます。

【視聴者から大人気!だったんだけど…】

カサカサとした動き、ファサファサうごめく毛並み、そしてキュルルンと輝くつぶらな瞳。リアルと愛らしさを兼ね備えたルーカスはすでに大人気のようで、動画の再生回数は驚異の578万回超~! 

視聴者からも「かわいい」「もっと観たい」「何度も観ちゃう」と、称賛コメントが殺到しているようです。

しかし…… Pouch 編集部の女性スタッフにこのアニメを観せたところ、「リアルすぎてちょっと怖い」という返答が。別の女性スタッフは「かわいい!」と喜んでいたのですが、その後「続きが観たい。でも捕食シーンは観たくない」と話していました。

そうですね……ぶっちゃけわたしも、捕食シーンは観たくないかな~! いずれにせよ、アニメーションはいつ頃完成するのか、今後の展開が気になるところですっ。

参照元:YouTubeSimplemost
執筆=田端あんじ (c)Pouch