2018年2月9日に幕を開けた平昌オリンピック。スタートがちょうど3連休に重なったこともあり、熱戦を見守り続けていたという方も少なくなかったことでしょう。

オリンピックになるといつも注目されるのが、選手たちのユニフォーム。各ブランドが手がける各国のユニフォームは個性豊かで、見ているだけでわくわく楽しい気分になってきます。そしてそれは、今回のオリンピックも例外ではありません。

2010年のバンクーバー以降、冬季オリンピックが開催されるたびに世界中から注目を集めているのが、ノルウェーのカーリングチームのユニフォームです。

【トップスはシンプルなのに…パンツだけド派手!】

カーリングのユニフォームというと、どこのチームも大体 “黒のパンツ” 。ところがノルウェーチームだけはいつも、男女両方とも、ド派手なパンツを穿いているんですよ。

大胆なチェックにカラフルな花柄、さらにはノルウェー国旗の色と同じアーガイルなどバリエーションも豊富で、どのパンツを見てもめちゃくちゃ可愛いの~!

【パンツのファンページまで登場(笑)】

バンクーバーで異彩を放ってからというもの、あれよあれよと人気に火が点き、なんとフェイスブックにはノルウェーカーリングチームの “パンツ” に特化したファンページまで登場。2018年2月13日現在、フォロワー数は40万人を超えています。

【今回も派手だよ~】

2014年のソチでも、今回の平昌でも、ド派手パンツは健在。

海外サイト「NBC Sports」によると、チームのパンツは始めこそ既製品を使用していたものの、すぐにスポンサーがつくようになった模様。ソチではゴルフメーカーの「ラウドマウス(Loudmouth)」がデザインを手がけており、平昌でも同じくユニフォームを担当しているといいます。

【日本チームと対戦しますよ】

ノルウェーカーリングチームのクリストファー・スボエ選手いわく、「今回のオリンピックでは12の衣装を用意している」とのことで、プレイする姿を見るのが楽しみ♪

ちなみに……ついついユニフォームにばかり目が行ってしまいますが、ノルウェー男子カーリングチームは世界ランキング3位、バンクーバーでは銀メダルを獲得しているほどの実力の持ち主なんです。

2月14日は、男子一次リーグで日本チームと激突! この日は試合の行方はもちろん、ノルウェーチームのパンツにも注目してみてくださいっ。

参照元:FacebookNBC Sports毎日新聞Youtube
執筆=田端あんじ (c)Pouch