「保護者のみなさんおはよう どうか生徒たちを起こさないで “スノーデー(大雪による休校)” だから♪」

切なげな“Tell me why〜”のサビが印象的なバックストリート・ボーイズの大ヒット曲『I Want It That Way』のメロディーに乗せながら休校の告知をしていたのは、学校の地区管理者のみなさん。

アメリカ・ウィスコンシン州カンバーランドにある「カンバーランド学区」でその管理者たちが替え歌を熱唱する姿がYouTubeに公開されていました。

【歌詞もいいし、歌っているおじさんたちもいい…】

「道路は運転するにはひどすぎる わたしたちはあなたがたに生きてほしい」
「こんなチャンスはない、家にいるんだ」
「今日はどの学校もやってない 道路は雪に覆われている 家で安全に過ごして 危険をおかさないで」

切なげな表情と声で替え歌を熱唱しているのは、全員おじさんぽっちゃりさんだったりヒゲモジャさんだったりと、ハッキリ言って、バックストリート・ボーイズのようなイケメンでは決してありません(失礼)。

ですが一生懸命歌っているし、全員のビジュアルがどことなくクマさんっぽいしで、観れば観るほど愛しく思えてきちゃうんです。

【きっといい学校なんだろうなぁ(笑)】

原曲でもっとも有名なフレーズ「Tell me why♪」を「Cumberland(カンバーランド)♪」と地名に変えているところも、語呂がよくて収まりがいい~! センスの塊か~!

こんな管理者の方々がいる学校なら、通ってみたくなっちゃいますね。茶目っ気たっぷりで、生徒たちがちょっぴりうらやましいです。

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch