しゃぶしゃぶ温野菜といえば、お肉と野菜をたっぷり、好きなお味で食べられるのが魅力ですよね。

そんなしゃぶしゃぶ温野菜で、歴代ナンバーワンの人気メニューをご存知ですか? それは……「たんしゃぶ」! 2018年1月18日から提供を開始し、2月28日の時点で20万食以上を売り上げたという人気ぶりなんですって。

その「たんしゃぶ」の新しい楽しみ方として、この春、期間限定で「紀州梅しゃぶだしのたんしゃぶ”食べ放題」「瀬戸内レモン塩火鍋だしのたんしゃぶ」が登場。どちらも名前だけで、めちゃくちゃ美味しそうなんですけど〜〜〜〜っっ!

【第一弾は紀州梅しゃぶだしのたんしゃぶ】

2018年6月27日までの期間限定で食べられる、「紀州梅しゃぶだしのたんしゃぶ」食べ放題。

「紀州梅しゃぶだし」は、和歌山県産紀州梅の赤梅・青梅・白梅の3種を使用した、例年根強い人気を誇る期間限定だしなのだそう。今年はたんとの相性を考え、かつおをベースとしただしが加えられ、さらに梅酒で甘みと旨み、コクをプラスしているんですって。

【梅と山椒塩でさっぱりといただけます】

薬味の「梅山椒塩」は、梅干しを乾燥させて細かく砕いて山椒と塩とを合わせたものだそう。香りを感じながら、さっぱりとお鍋が食べられそうです。

そして、お鍋といえば、最後の〆が外せないですよね。風味豊かな「油あげ」と鬼おろし、もちもちのきしめんで「梅おろしきしめん」が楽しめます☆

梅干しには、疲労回復の効能があると言われていますよね。「紀州梅しゃぶだしのたんしゃぶ」は、春先の歓送迎会や新生活で疲れた体を休めるのにピッタリというわけなんです。

【第二弾は瀬戸内レモン塩火鍋だしのたんしゃぶ」】

2018年5月15日から6月27日までの期間限定で食べられる「瀬戸内レモン塩火鍋だし」は、瀬戸内産レモンの果汁と青唐辛子とオリーブオイルを加えた塩ベースのだし。


材料を見ただけでも、めちゃくちゃオシャレな、このおだし。たんしゃぶとの相性が良いことから、なんと5年ぶりの復活なんですって!

薬味は、パウダーにしたレモンと山椒と塩を合わせた「レモン山椒塩」を。レモンの香りとさわやかな辛さで、お鍋を最後までおいしくいただけちゃいますよ☆

そして最後の〆がまたまたオシャレ! 一風堂監修の特製麺にクリームとチーズを加えた、ほのかにレモンが香る絶品「クリームチーズパスタ」。鍋の〆にパスタ、新しい!

【美容やダイエットにも期待⁉︎】

レモンに含まれる「ビタミンC」は風邪予防や美肌、美白に効果があるとされていて、また「クエン酸」には疲労回復、レモン皮に含まれる「エリオトシン」は食後の脂質代謝に効果があると言われているそう。

つまりこの「瀬戸内レモン塩火鍋だし」を食べると、美容やダイエット効果が期待できる……かも!? 新しい出会いの季節、さわやかなお鍋で心も体も軽やかにしたいですっ♪

【豚「バラ」にもご注目ください】

そしてそして、忘れちゃいけないのがメインのお肉です。お食事の最初に運ばれてくるのは、なんと薔薇の形を模した豚「バラ」のブーケとたんしゃぶ、甘玉ねぎと、季節限定の水前寺菜の盛り合わせ。


パッとテーブルが華やかになる盛り付けは、お祝いごとや歓送迎会にもピッタリですよね。写真映えだけでなく、鍋に“豚薔薇”を入れることで「コク」と「旨み」が加わり、より美味しいおだしになるんですって!

売れに売れているという人気メニュー「たんしゃぶ」。この春はぜひ、さわやかな期間限定のおだしと一緒に味わってみてくださ〜い!

参照元:プレスリリース
執筆=森本マリ (c)Pouch