ある日、部屋のドアを開けたら、竹内涼真さんそっくりのイケメンが立ってる! 驚いていたのもつかの間、彼から放たれたのは「昨日助けていただいた雪だるまです」というまさかの言葉でした。

そんな乙女の妄想大爆発なシチュエーションを、ウェブドラマにしたのが『スノーマンの恩がえし』です。

このウェブドラマは、ロッテアイス「レディーボーデン(Lady Borden)」のキャンペーンとして作られたもので、ロッテ特設サイトとYouTubeで公開されています。

【不審者かと思いきや…】

全3話で完結する『スノーマンの恩がえし』。第1話、両親とのケンカで気持ちがふさいでいた主人公の女性は、道端のベンチに可愛い雪だるまがいるのを見つけます。女性は、落ちていた木の枝を刺して手を作り、帽子をかぶせてあげます。

その後、彼女の家に突然現れるのが、竹内さんが演じる「スノーマン」。「スノーマンと呼んでください。恩返しにきました」と笑顔で話すスノーマンは、魔法の呪文「ディボーンデーレ!」を使って、なんとひとり暮らししている部屋に上がり込んじゃうんです!

【ひょんなことから竹内さんと同棲することに!?】

予期せぬ展開に戸惑う女性に、アイスを「あ~ん♡」と食べさせてあげるスノーマン・竹内さん。

レディーボーデンを食べさせてあげた直後、「恩返しの内容が決まるまでは、ちょっとお世話になりますね」と、さらっと居候宣言しちゃうんです……めっちゃ強引! でも、そういうの嫌いじゃない~!

こうして、2人の甘~い同棲生活が突然スタート。ラブラブシーンのオンパレードなんですよ。

【楽しい日々は長く続かないもの】

第2話では仲間のスノーマンを集めて、一緒にクリスマスパーティーしたりと、スノーマン・竹内さんとの奇妙で楽しい同居生活が続いていくわけなのですが……別れは突然にやってきます。

スノーマン・竹内さんは果たして、どんな恩返しをしたのでしょうか? その結末は、あなたがその目でたしかめてみてくださいね。

【竹内さんの甘~い美声にも注目してみて】

こちらのウェブドラマのもっとも大きな魅力は、主人公の女性に自分自身を投影できる点。スノーマン・竹内さんの優しい笑顔を独り占めしているかのような気分になれるので、大画面推奨です!

また劇中に流れる「レディ~~~ボーデン♪」という歌声は、竹内さんによるもの。こちらもどうぞ、お聴き逃しのないように♡

参照元:プレスリリースロッテYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch