「○○の日」といった記念日があるたびに、その日にちなんだ絶品メニューを紹介してくれる、ニッカウヰスキーのツイッター公式アカウント。

2018年1月15日の「いちごの日」には、いちごとハイボールを組み合わせたフォトジェニックなメニュー「フローズン・ストロベリー・ハイボール」を紹介。

オシャレなダイニングバーあたりにありそうなメニュー名とは裏腹に、「凍らせたいちごを氷代わりにして、後はいつもどおりハイボールを作るだけ」とエラく簡単そうだったので、さっそく挑戦してみることにしました。

【とにかく「手間いらず」!】

わたしがゲットしてきた “いちご” は、栃木県が生んだ名品「とちおとめ」。こちらを冷凍庫で凍らせたら、8割がた作業が終わったも同然! あとはグラスとウイスキー、炭酸水を用意したら準備はほぼ完了です。

グラスの中に縦半分にカットした 冷凍いちごを投入。

公式ツイッターと同じように「ブラックニッカ クリア」適量を注ぎ、冷やしておいた炭酸水を加えてひと混ぜしたら、あっという間に「フローズン・ストロベリー・ハイボール」のできあがりで~す!

通常のハイボールを作る手順と、かかる手間はあまり変わらない。それなのにこんなにもインスタ映えしそうなドリンクができてしまうのですから、ありがたいがぎりです。

【ウイスキーの「バニラ香」といちごが合う~♡】

一口飲むたびにフワッと鼻腔を通り抜けるのは、バニラのような甘~い香り。これが “いちご” が持つフレッシュな甘みや酸味と相性抜群で、互いの香りがすうっと溶け合うように交じり合っているのがわかります。

マドラー代わりにグラスに入れたフォークで “いちご” をかじると、シャリシャリとした食感がたまらなく美味~! ウイスキーとあわせていただくと、正直感動すら覚えるレベルっ。

「ひと口飲んで、また食べて……」というのを延々繰り返してしまうし、グラスが空くのが早いことったらありません。調子に乗って永遠に飲んでしまうので、自制心が必要な「魔の飲み物」ともいえるでしょう。

【相性よすぎで驚きを隠せませんでした】

今回使った「ブラックニッカ クリア」の特徴は、柔らかな甘さ。モルト香も軽くてクセがなく、とっても飲み口がいいんです。

優しい甘みとクリアな飲み口が “いちご” の味をほどよく引き立ててくれているのでしょうが、ウイスキーといちごの相性がこんなにもいいだなんて嬉しい大発見でした。間違いなくリピ決定……というか、今日からわたしの定番メニューと化しそうです。

この飲み方ならば、ウイスキーが得意じゃない人でもクイっと飲めてしまうかも? 心からおススメしたい1品ですので、いちごが安いときにでも、ぜひぜひ試してみてください♪

参照元:Twitter @nikka_jp
撮影・執筆=田端あんじ (c)Pouch