年々、激しさを増すバレンタイン商戦。名だたる高級ショコラティエには女性たちの大行列。本命チョコ? 義理チョコ? いえ、自分用チョコでっす! という方、少なくないと思います!

しかし、華やかなチョコ売り場を歩けば歩くほど、目移りしてしまうもの。あれも食べたい、これも食べてみたい……でも予算には限りがある……。ギブミーチョコレート! ギブミーチョコレート!!

そんな方に朗報〜〜〜! 新宿タカシマヤ11Fで2018年2月14日まで開催中の「アムール・デュ・ショコラ」では、高級チョコが1粒から買えるコーナーがあるのです!

【各ブランドから60種類のチョコが集う】

コーナーの名前は、そのものずばり「一粒ショコラショップ」。アムール・デュ・ショコラの会場の最奥にあります。

ショーケースに並ぶのは、全25ブランドのショコラ60種類。カカオの産地にこだわったシンプルなものから、お酒を使ったもの、フルーツやお花を使った華やかなものまで種類豊富です。

チョコのお値段は238円〜501円。財布の中にも銀行口座にも1000円しかないよ〜! ピエ〜ン! みたいな状態でも大丈夫です。(そんな状態でチョコを買うかわかりませんが)

【し、椎茸と山椒!? 変わり種チョコがいっぱい】

それぞれのチョコの下には、ブランド名とチョコの名前、そして味の説明が小さな字で書かれています。

注目は変わり種のチョコ! 人気の日本酒「獺祭」を使ったチョコや、ハチミツが入ったチョコ、花やスパイスを使ったチョコなんかがあります。

【さて選んだのは…?】

今回、私が購入したのはこの4つ。

(右上から時計回りに)
・デルレイ「ピンクダイヤモンドミルク」501円
・シェ・シバタ「柚子キャラメル」378円
・シェ・シバタ「椎茸と山椒」378円
・レクレールドゥジェニ「キャラメルブールサレ」260円

ダイヤモンド型のデルレイのチョコは6個で4000円近くする高級品。たぶん一生口にすることはないだろうな……と思ってたので、1粒で買えるのは嬉しいです。

そして変わり種が多いのが、シェ・シバタ。「椎茸と山椒」なんてどこの煮物かよって感じですが、一粒買いだからこそ、冒険して購入できます。

ちなみに、イートインのみで、持ち帰りは不可となってます。

【奥深きショコラの世界を堪能】

チョコなんてどこのブランドも一緒なんじゃないの〜? なんて思うかもしれませんが、同じキャラメル風味ひとつとっても違う! チョコの甘さ、ビターさなど、ブランドによって違いがあることがよくわかりました。

自分用はもちろん、友チョコや本命チョコを買う前の味見としても使えますよ! バレンタイン目前ですが、運命のショコラを探しに、みなさまもぜひお試しあれ♪

参照元=新宿タカシマヤ アムール・デュ・ショコラ
画像・執筆=御花畑マリコ (c)Pouch