映像やポスターに出てくる謎の飛行物体が “ばかうけ” そっくりだと話題の映画『メッセージ』が、いよいよ2017年5月19日に日本で公開されます。

公開に先駆けて、カナダ人監督のドゥニ・ヴィルヌーヴさんがYouTubeに登場。映画をPRしているのですが、このとき監督自ら、日本人なら誰しもひっくり返って驚くであろう “ある真相” 口にしたのであります。

【そんなこと言っちゃっていいの!?!?!?】

「親愛なる日本のみなさん」と前置きしたヴィルヌーヴ監督は、「ご推察のとおり宇宙船のデザインは、 “ばかうけ” に影響を受けた。本当だよ」と一言。

……えええええ!!! んなわけあるかーーーい!!! 「バァカウゥケ」じゃないよ、ホントに。つーか周囲のスタッフさんたち、注目の巨匠になにさせちゃってるんですか。

【ぶっちゃけ、俄然観たくなっちゃったよね】

ノリがよく、懐が深く、心優しいヴィルヌーヴ監督のおかげでまたもやこの映画に対する “ばかうけ” イメージが強くなってしまったわけなのですが、俄然興味が沸いたという人も少なくないのでは? 監督がここまで “ばかうけ” 推しする映画がホントはどんな内容なのか、ちょびっと、いやかなり、気になっちゃいますよね!?

【どんなお話なの?】

エイミー・アダムスさんが主演の『メッセージ』は、テッド・チャンさんの短編小説『あなたの人生の物語』を基に、ヴィルヌーヴさんが監督を務めたSFヒューマンドラマです。

世界各地に謎の宇宙船(ばかうけですね)が現れ、科学者たちが調査に向かう。地球を訪れた宇宙外生命体は果たして人類にどんな「メッセージ」を送ろうとしているのか……というもの。

その後どのような展開が待ち受けているのかは映画を観ないことにはわかりませんが「世界観が独特」「伏線の回収が見事」「映像美とストーリー展開のうまさ」などに定評がある監督ですので、大いに期待しちゃっていいのではないでしょうか。

【監督からのアドバイスを参考にしよう☆】

ヴィルヌーヴ監督いわく「映画を楽しむには、主人公のように作品を直感的にとらえ、どんな些細なことも見逃さないこと」とのことです。映画館に行った際には、この点を頭に入れたうえで鑑賞してみるといいかもしれませんね♪

ちなみにヴィルヌーヴ監督は、SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー 2049』の監督に抜てきされております。いま大注目の監督のひとりである監督に「ばかうけ」と言わせたエライ人、目のつけどころがさすがです。そして監督、どこまでもイイ人……!!

参照元:YouTube映画『メッセージ』オフィシャルサイト
執筆=田端あんじ(c)Pouch

元の記事を表示