心にビビビっときて購入したはいいけれど、「一体これ、どこへ着ていったらいいんだろう……」と小一時間悩んでしまう服が、きっとあなたのクローゼットにも眠っていることと思います。

そういう服って大抵、販売員さんが「ちょっとしたパーティーにいいですよ~」っておススメしてくれるんだけど、そもそも “ちょっとしたパーティー” ってどこで開かれてんねん! っていう、ね。

着ていく場所がなくて、ずーっと “タンスの肥やし” 状態になっている服にスポットを当てるのが、ツイッターユーザーの@cchili_doggさんによるアイディア「買ったものの着る機会がない服を着てお出かけする会」

【非日常的な気分を味わえそう♡】

留袖、サリー、古着のワンピース、結婚式用のドレスなどなど、 “買ったはいいけど着ていない服” を身に着けて友人同士お出かけするといったものらしく、これはたしかにナイスアイディア!

統一感はまったくないだろうしやたらと目立ちそうだけど、だからこそ “非日常” な気分を味わえそうで、大いに盛り上がるのではないでしょうか♪

【ツイッターで大きな話題に】

6万7900超の「いいね」を集めてバズりまくっている、こちらのつぶやき。

総じて「これいい!」「マネしてみたい!」の大合唱で、

「素晴らしいアイデア! 早速友達に打診やで!」
「やりたみが強い」
「すごく楽しそう」
「2回しか着てないパーティードレス着てキャッキャしてえ~~」

といった具合に、コメントもたくさん寄せられていました。

【わたしもやりたい~~~!!!】

ドレッシーな服を着ていける場所はかぎられているのに、可愛さのあまりつい、欲にかまけて購入してしまうのは “着道楽あるある” 。

私も20代前半にクラブ(踊るほうの)で働いていた頃、「ドレスは普段着」をモットーに、毎日のようにひらひらしたドレスで出勤しておりました。しかし30代半ばとなった今では、そんな元気もなく(笑)。買ったはいいけど長らく出番待ちな服や着物が、けっこうあるんですよね……。

【周囲の視線すらも「快感」に】

ドレッシーに飾り立ててお出かけするだけで、パァッと気分が華やぐものです。

友人と一緒なら心強いですし、浴びせられる視線が多ければ多いほど気持ちよくなれそう! わたしもこれ、絶対マネしよっ。たとえば女性たちが一斉にこの会を開いたら、街がカオスになって、ものすっごく楽しいことになりそうですね(笑)。

参照元:Twitter@cchili_doggTwitter検索:買ったものの着る機会がない服を着てお出かけする会
画像=pouch編集部
執筆=田端あんじ (c)Pouch