毎朝ペットが起こしに来てくれる。そういった飼い主さんは珍しくないと思うのですが、ツイッターユーザーJennyさん(@MyFriendMimi)宅のニャンコ、ミミちゃんの起こし方はなかなか荒っぽい(?)ようで……。

その “手加減なしのやり方” に、「うちの猫の毎朝の起こし方がひどい件について……」とツイート。その一部始終をとらえた映像が添えられていたわけなのですが、なるほど、これはたしかにひどいですねぇ(笑)。

【これ、地味に痛いやつですね】

飼い主さんが眠っているベッドにいるミミちゃん。おもむろに口にしたのは、飼い主さんが腕につけていたヘアゴム。それをくわえては離す、くわえては離すを繰り返し始めたではありませんか。

しーんとした部屋の中に響き渡るのは、パチン! パチン! というゴムの音。こんなに何度も何度も ゴムパッチンされてしまったら、どんなに寝起きの悪い人でも起きてしまうでしょう。これは痛い……でも、めちゃんこ可愛いから許しちゃううううう。

【ツイッターの声】

ミミちゃんの “朝の儀式” をとらえた映像のリツイート数は2万8000超、「いいね」の数は3万5000超と大人気。コメントもたくさん寄せられていたようですよ。

「頭いいですね……!! かわいい!!(痛そうですが)」
「ゴムの下真っ赤になってそう……」
「うちのにゃんこ様はゴムの留め部分をひたすらぺろぺろちゅっちゅ+モミモミしてきて地味に冷たいし痛いので起きます」
「朝が苦手な自分からすると救世主に見える」

【足の指を噛んだりもするよ】

ちなみにJennyさんのつぶやきによれば、ミミちゃんの起こし方にはバリエーションがあるそうで、 ゴムパッチンのほかには「顔を毛づくろいされる」「足の指を噛む」などがあるようです。

毛づくろいはまだしも、足の指を噛まれるのはゴムに負けじと痛そう……。でもミミちゃんに悪気は一切なさそうだし、なにより可愛いくってたまらないから、笑顔で許しちゃうんだろうなぁ♪

参照元:Twitter @MyFriendMimi
Photo:MyFriendMimi, used with permission
執筆=田端あんじ(c)Pouch

元の記事を表示