2017年7月6日、札幌市の円山(まるやま)動物園でミーアキャットの赤ちゃんが2匹生まれたようです。

円山動物園公式ツイッターによれば、赤ちゃんのお父さんは「あさひ」でお母さんは「ゆうひ」、2匹そろって初めての子育てに奮闘しているみたい。

一般公開に先駆け8月3日に赤ちゃんの写真が公開されたのですが、赤ちゃん同士で寄り添う姿の可愛らしいことったら! モフモフな君たちを今すぐギュッと抱きしめたいよ~!

【可愛すぎてキュン死】

お手ても尻尾もなにもかもが小さくって、お目目もうるうる。ちょっぴり憂いを帯びたような仕草もひっくるめて、母性本能が激しくくすぐられますっ。

間近で見られるようになるまではもう少し時間がかかるとのことですが、赤ちゃんたちが健やかに育つためにはしかたないこと。そのときが来るまでゆ~っくり待つことにいたしましょうね♪

【ミーアキャットは気性が荒かった!?】

円山動物園公式サイトによると、ミーアキャットは数頭から数十頭の群れで生活しているらしく、子どもを産むのはリーダーのメスだけ。そのほかの個体は、生まれた子どもたちのお世話をするのだそうです。

またミーアキャットといえば、愛くるしいお顔とひょこっと立ち上がるユーモラスな姿が印象的。とっても可愛らしいイメージですが、見た目にそぐわず気性は荒いらしいです。丸山動物園ツイッターによると、「サバンナのギャング」とまで呼ばれているんですって。ぐぬぬ、ギャップがすごい!

【どんな名前がつくのかな~♪】

このたび生まれた赤ちゃんは、果たしてどんな子に育つのでしょうね? そしてどんな名前がつくのかも気になるところです。

ここはやっぱり、お父さんとお母さんの名前と関連性のある名前になるのかしら……。とにもかくにも、お披露目の日が待ち遠しいですね!

参照元:Twitter @marudou_fan札幌市円山動物園
執筆=田端あんじ (c)Pouch