仕事でもプライベートでも欠かせないコミュニケーションツールのひとつが、メール。メールの送り方だけでも、その人となりが分かるものです。

あなたがメールのやりとりをしている“あの人”は、どんな返事を送ってきますか?

相手を想定して、以下から直感でひとつ選んでください。

Q.知り合いにメールを送ってみましょう。どんな返事が戻ってきましたか? 返事の特徴で、その人との付き合い方がわかります。

A.返事が早くて短い

B.返事が早くて長い

C.返事は遅くて短い

D.返事は遅くて長い

A.「返事が早くて短い」が当てはまったら……

「頭の回転の良さを刺激してみて」

返事が早くて短い人は、頭の回転が速くて活動的なタイプです。話題が豊富で話の内容もどんどん発展していくのでは?

上手に付き合うには、相手のテンポにあわせてばかりではNG。興味を持ちそうなことをあなたが先取りして、相手の意識を自分に向けさせましょう。きっとあなたの言うことによく耳を傾けるようになるはずです。

B.「返事が早くて長い」が当てはまったら……

「自分のペースを守ることが大切」

返事が早くて長い人は、何をするにも熱心で積極的なタイプです。カリスマ性がある人だとやや強引な部分もあるかも。

上手く付き合っていくコツは、相手のペースに巻き込まれないこと。一方的な言い方や態度には、きちんと自分の考えを言葉にして伝えてみてください。最初は驚いて距離を置かれるかもしれませんが、きっとあなたに一目置くようになるはずです。

C.「返事は遅くて短い」が当てはまったら……

「メールより直接会ってじっくり話して」

返事が遅くて短い人は、内向的で思慮深いタイプです。忙しいからメールが遅いというのではなく、外に関心が向かない時期にメールをしてしまったと思われます。YesなのかNoなのかメールではわからないこともあるかも。

上手く付き合っていくには、会って話をするほうが良いでしょう。あなた自身が深く考え過ぎずに、のんびり待つ姿勢がベストです。

D.「返事は遅くて長い」が当てはまったら……

「書ききれない想いを受け止めてあげて」

返事が遅くて長い人は、感受性が豊かでテンションの変化が激しいタイプです。会ったときの印象とメールでの印象がわりと異なりそう。自分の感情を優先する場合が多いので、返事が来ないときがあるかもしれません。

上手く付き合っていくには、メールの返事を電話で聞いてみるのも良いでしょう。きっとメールに書ききれない、聞いてほしいことを打ち明けてくれるはずです。

以上、メールの返事の仕方で分かる“あの人との付き合い方”でしたが、いかがでしょうか?

よりよい関係を築くために、参考にしてみてくださいね!

【画像】
※ tomos / PIXTA(ピクスタ)