オーストラリアのタスマニア警察が、フェイスブックに非常に珍しい写真を掲載しました。海外掲示板「reddit」にも投稿され大きな注目を集めていたその写真は、 酔っ払って警察に保護された“Reece” さんが自身のフェイスブックに投稿した1枚のようです。

「reddit」のコメントによれば、 “Reece” さんはパーティーでお酒を飲みハジけた後、翌朝起床。携帯電話を見たところ、酔っぱらった自分を背景にセルフィーしている2人の警察官の姿が写っていたというのですっ!

写真を見るかぎりではしっかりポーズを取っているけれど……こりゃきっと無意識だな~。覚えてないわ、絶対(確信)。

【写真を撮ったのは保護した警察官】

“Reece” さんを保護したのは、同じ写真を掲載したタスマニア警察。

この日はタクシー会社から連絡があって酔っぱらいを保護するべく駆けつけたのだそうで、「普段は酒に酔った人を家まで送るということはしていない」というコメントが添えられておりました。そりゃまあ、そうだよね。

“Reece” さんの自宅の住所を調べ、送り届けて、様子を見守ってくれる友人が到着するまで待っていたのが、セルフィーしていた警察官のおふたり。 “Reece” さんはかなり酔っていて記憶がないだろうから「どうやって家へ帰ったか覚えてない」記念のセルフィーを、携帯電話に残すことを思いついたんですって。う~ん、やることがニクいっ。

【「ハジけてもいいけど、前もって計画を立てておいて」と注意喚起】

「ハメを外す予定なのであれば、その日はあらかじめ車を運転してくれる人を用意しておくか、公共交通機関およびタクシーを使うかなど、手はずを整えておくべき」と話していたのは、タスマニア警察北地区でシニアマスターサージェントを務めるクレイグ・フォックス(Craig Fox)さん。

しこたま飲む日は、どうやって家へ帰るかも前もって決めておくこと。そのとき、自分や家族、友人、さらには道端で出会う人が危険な芽にあうなんてもってのほか。あらかじめホテルや友人宅など、宿泊する場所を確保しておくというのも手だと、フォックスさんは語っておりました。

【助け合いの精神も大事ですよね】

またフォックスさんは、「出かける時も帰るときも、互いに協力しなければならない」とも話していて、これには納得。本人がいくら大丈夫だと言っていても、あきらかに様子がおかしいなら付き添ってあげる。友人ならばそれくらいのことはしてあげたいものです。

でもまあホントは、そんなになるまで飲まないようにするのが、1番の良策なんですけどね……。はああ、身に覚えがあるから、自分で言っておきながら耳が痛いわっ。

参照元:Facebookreddit
執筆=田端あんじ(c)Pouch

元の記事を表示