2017年5月19日~5月28日まで東京・日比谷公園で開催される日本最大級のビアガーデン「ヒビヤガーデン」。今回ここに「オリジナルコーンショット」なるちょっとユニークなメニューがお目見えします。

コーンショットとは、ワッフルコーンの中をチョコレートでコーティングした飲み物用のカップ。中身を飲んだ後はカップそのものも食べることができるため、海外では「エコショット」とも呼ばれているのだとか。

「ヒビヤガーデン」では、このコーンショットに2種類のビールを注いだものが提供されるそう! スイーツとビールの融合……はてさてどんなお味に!?

【コーンショットとスイーツ系ビールの組み合わせ】

「オリジナルコーンショット」は、ユニークなビールを作るサンクトガーレンと原宿のコーンショット専門店「Anywhere Door」とのコラボによって誕生したもの。

メニューは「コーンショットバニラ」(税込み800円)と「コーンショットオレンジ」(税込み800円)の2種類で、サンクトガーレンのブースで販売されます。

「コーンショットバニラ」はチョコレートでコーティングしたコーンショットに、バニラチョコ風味のビール「スイートバニラスタウト」を注いだもの。ワッフルコーンのふちのカラフルなカラースプレーチョコがお祭り気分を盛り上げてくれます。

いっぽうの「コーンショットオレンジ」はチョコレートでコーティングしたコーンショットに、オレンジを使用したフルーツビール「湘南ゴールド」を注いだもの。ワッフルコーンのふちにトッピングしたマンゴーチップがアクセントになっているそう。

【貴重なコラボレーション】

ワッフルコーンでアイスクリームは食べたことあっても、ビールを飲むだなんて経験、初めての人がほとんどなはず。それだけに、今回のオリジナルコーンショット2種類はとーっても貴重といえるかも。

実際、ゴールデンウィークに開催されたヨコハマフリューリングスフェストでも提供された際は、お昼で完売してしまった日もあったそう! 目当ての方は早めに行くのがよいかもしれません。

外ビールが気持ちいい季節。皆さんも「ヒビヤガーデン」に「オリジナルコーンショット」を楽しみに行ってみては?

参照元:ValuePressヒビヤガーデン
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch