ringo1
この世に数あるスイーツの中でもアップルパイに目がないという皆さま、お待たせしましたっ! 3月4日、焼きたてアップルパイ専門店「RINGO」が池袋駅内にオープンしますよー!

北海道では人気店のこちら、本州で出店するのは初めて。テスト販売では1週間で1万個を完売したそうで前評判も上々な様子ですが……でもこれ、普通のアップルパイとどこがちがうの!?

【“後入れ”でカスタードクリームたっぷり!】

「焼きたてカスタードアップルパイ」は、サクサクのパイの食感と、一度パイ生地を焼いてから入れる “後入れ” によるカスタードクリームの量の多さが特徴。

グループ会社である札幌の洋菓子店「きのとや」で、30年間改良を重ねながら愛され続けているアップルパイをもとに開発されているそうです。
ringo2

【なめらかカスタードクリーム】

おいしさのヒミツは原材料へのこだわりにもあり。カスタードクリームは北海道の契約農家・新村牧場から直送の完全放牧乳牛のミルクを使用。

さらにイタリア・ロボクーボ社の最新技術のマシンによって、よりなめらかで、ムラのないカスタードクリームができあがるとのこと。

【サクサクなパイ生地】

パイ生地のサクサク感を追求するため、オリジナルブレンドの小麦粉と北海道産フレッシュバターを使い、144層もの自家製パイ生地を実現! ふっくらとした高さと繊細な食感を生み出します。

【ゴロっとした新鮮リンゴ】

リンゴは旬の時期に収穫してすぐに2cm角のキューブ型に切り、フィリング(パイの中身)にしています。オープン後1カ月は、日本で初めてリンゴを栽培した地・北海道七飯町のリンゴを使用。2カ月目以降は、青森県ゴールド農園の「葉とらずりんご」を使う予定なんだそう。

【工房との一体型店舗!】

売場には工房もあるので、作り置きすることなく提供が可能。アップルパイがオーブンで香りよく焼きあがっていく様子を目の前で楽しめちゃいます。

【工房との一体型店舗!】

これだけこだわれば、そりゃおいしくなるのも納得! 「焼きたてカスタードアップルパイ」は1個370円(税別)、4個で1400円(税別)。場所はJR「池袋駅」東口階段上。近くを通るたびに甘い香りにさそわれてついつい買っちゃいそうですね。

参照元:PR TIMES株式会社BAKEYouTube(焼きたてカスタードアップルパイ専門店RINGO)
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

この記事の動画を見る

オリジナル記事: 【本州初上陸】北海道で大人気の焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO」が池袋にオープン!
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事

元の記事を表示