夏本番を迎え、暑さも今年最大に。今でも十分暑いけど、8月はもっと気温が上がってもおかしくないし、熱中症にはくれぐれも注意したいところです。

人間が熱中症になるのと同じく、ペットの犬や猫も熱中症になることがあります。

Pouch編集部の百村の実家では犬と猫を飼っているらしいのですが、猫のサマーカットをお願いしたお店で「出かける時もかならず、エアコンをつけてくださいね!」と念を押されたのだそうです。

【ペットにやってあげるべきこと】

なお百村の実家は長野で、東京よりははるかに過ごしやすいはず。しかしそれでも、やっぱり夏は暑い! クーラーだけでなく「熱中症計を買ったり、扇風機をまわしたり、水を飲んでいるかチェックしたりする必要がある」と言われたらしく、気を引き締めたと語っておりました。

【犬や猫は汗で体温調整できない】

ウェブサイト「ペットショップのコジマ」によると、人間は全身で汗をかいて体温を下げることができますが、犬や猫はそれができないとのこと。呼吸による換気が唯一体温を下げる方法らしく、そのため環境を整えてあげることが大切なんですって。

急激な体温の上昇によって起きる熱中症。初期症状は「呼吸の速拍」「よだれ、脱水」なのだそうで、そのまま放置すると酸欠に陥り、ぐったりしたりけいれんを起こしたりします。最悪の場合死に至ることもあるので、甘くみないことが重要です。

熱中症にかかってしまったら体温を下げることが必須。冷水を飲ませる、冷水を体にかけるなどして、できるだけ早く病院へ連れていきましょう。

【熱中症予防の方法は?】

熱中症予防の方法としては、冒頭で百村が言われた「空調管理」がもっとも大切。
・留守番させるときには必ずエアコンをつける
車内には絶対にペットを残さない(車に同乗させるとき日中は避ける)
散歩の時間に気をつける
といった注意が「ペットショップのコジマ」には記載されておりました。

ちなみに犬には肉球にしか汗腺がないため、熱が体内にこもりやすく熱中症は天敵。一方の猫は、犬と比べて暑さに強いといわれていますが、もちろん限度があります。

クールマットやタオルなどの “ひんやりグッズ” も取り入れて、ワンちゃんやネコちゃんが健やかに夏を乗りきれるようにしてあげたいものですね。

参照元:コジマ動物病院(ペットショップのコジマ)
画像:Pouch編集部
執筆=田端あんじ(c)Pouch

元の記事を表示