みんな大好き北海道みやげの定番「六花亭」が、東京・ギンザシックスに2018年4月24日までポップアップストアを出店中です。

定番のマルセイバターサンドやイチゴのチョコは物産展でもよく見かけるけど……今回のポップアップストアは、超豪華版。なんと北海道で月に1度だけ予約販売されているという「おやつ屋さん」が日替わりで登場するほか、かわいいオリジナルグッズも販売されているのです。

これは行くしかないっしょ〜! というわけで、限定のおやつを買いに行ってきました。

【六花亭の「おやつ屋さん」とは…】

「おやつ屋さん」とは、六花亭が11年間続けてきたという “月に1度だけの生菓子” の予約販売

六花亭のお菓子はオンラインショップでも通販できるけど、この「おやつ屋さん」の生菓子は店頭予約のみなので、北海道にいなければ買えないのです。

それが今回、道外初出店。しかも日替わりで楽しめるなんて、最高すぎるでしょ……。

【珍しいお菓子や雑貨がいっぱいある〜〜〜!】

今回の限定出店は、ギンザシックス2階の中央エリア。ファッションフロアなので、本当にここに六花亭があるのかしらと不安になりつつ、フロアを緊張気味に歩くと……あったーーー!

六花亭の包装紙でおなじみの、あのかわいらしい花柄模様が目に飛び込んできました。お店は思った以上に広くて、見たことのない六花亭のお菓子がたくさん並んでいてワクワクします。

雑貨コーナーには、以前Pouchで紹介した「六花亭の花柄模様のクッション」も。実物を見るとかわいい〜。

そしてお店の中央の冷蔵ケースの中に、お待ちかねの「おやつ屋さん」の今日のお菓子が並んでいます。私が行ったのは午後2時頃でしたが、かなり数が少なくなってる印象。

【さっそく大福をいただきます!】

木曜日のおやつは「大福」でした。ひと箱800円(税込み)とお手頃価格なのも嬉しい! さっそく食べてみましょう!

ひと箱のなかに「黒豆大福」「そば大福」「青えん大福」の3種類の大福が入っています。北海道は大豆も有名だから期待度大ですね。

中身を切ってみると……あんこに透明感があって、見るからにお上品! 青えん大福の鮮やかな黄緑色のあんに、そば大福のあわいピンクのお餅など、おもいのほかカラフルで目にも楽しいです。

黒豆大福は、ほんのりとした塩加減、こしあんの甘さが絶妙。そば大福は、そば粉のこうばしい香りと、皮むき小豆あんの上品な甘さがたまりません。青えん大福は、青えんどう豆のうまみが口いっぱいにひろがります。

どれもお餅は厚めで、食べごたえあり。さすがの六花亭クオリティでお〜いし〜い! これはオススメです!

【今後のおやつの販売スケジュールは?】

ちなみに、店頭には今後のおやつ屋さんのスケジュールが貼られていました。それによると

月……どら焼き
火……シーフォームケーキ
水……チーズづくし
木……大福
金……チョコレートづくし
土……おはぎ
日……ロールケーキ

となっていました。

和菓子から洋菓子までバリエーション豊富ですが、1番人気は、金曜の「チョコレートづくし」だそうですよ! 個人的には、ふわふわスポンジにたっぷりクリームがはさまってるという火曜日の「シーフォームケーキ」が気になりました。

「おやつ屋さん」は、ギンザシックス店頭でのみ予約可能です。私もちゃっかり、土日のおやつをひと箱ずつ予約しちゃいました。

生菓子なので受け取りは当日のみ取り置き予定時間を30分すぎると自動的に予約取り消しとなってしまうそうです。時間に遅れないよう、気をつけるべし。

お店の人いわく、「おやつ屋さん」のお菓子はかなりの人気で、早めに売り切れてしまうとのこと。「おやつ屋さん」以外の六花亭のお菓子や、雑貨類もほしくなっちゃうこと間違いなしなので、覚悟してギンザシックスに向かうべしです!

参照元=GINZA SIX六花亭

撮影、執筆=御花畑マリコ (c)Pouch