春って何かお腹が減りませんか? 私はここのところ毎日、ご飯を食べた2時間後にはお腹が空いてしまいます。先日もちょいと小腹が空いて何か食べたいなーと思ったのだけれど、おやつになるようなものが家に見当たらなくてガッカリ。でもどうしても何かちょっと食べたかったので、家にあったもので作ることにしました。

あったものとは、冷やご飯と片栗粉と醤油と砂糖。ずぼらな私は、このまま冷やご飯をチンして醤油かけて食べようかなとも思ったのですが、急にひらめきました。これがあれば、「みたらし冷やご飯団子」が作れるんではないか、と。

ということで、さっそくレシピを紹介します。

【みたらし冷やご飯団子の作り方】

<用意するもの>

・ 冷やご飯 1膳(140g)
・ 片栗粉 大さじ1と半分(大さじ1と大さじ半分に分けて使う)
・ 醤油 大さじ1
・ 砂糖 大さじ3(大さじ2と大さじ1に分けて使う)
・ 水 大さじ1+40cc
これだけ! 「これなら今、家にある!」という人も多いのでは?

<作り方>
1. 砂糖大さじ2、醤油、水40cc、片栗粉大さじ半分を耐熱容器に入れ、レンジで加熱してとろみをつけて、みたらしのタレを作る。数秒ごとにレンジを開けてスプーンでくるくる混ぜると上手に作れます。

2. ご飯をレンジで温めてボウルに入れ、しゃもじ(あれば麺棒やすぎこぎ)で潰しながら水大さじ1と片栗粉大さじ1、砂糖大さじ1を混ぜる。

3. あらかた米粒の形がなくなったら、手を水(分量外)で濡らしながらこね、適度な大きさに分けて団子状に丸めていく

4. 鍋に湯をわかし、沸騰したら3を入れて浮いてきたら氷水にとって、冷やす

5. 5を氷水から取り出して皿に盛り、みたらしのタレをかけたらできあがり

【あんこや海苔があればアレンジも◎】


もし家に、海苔やあんこがあれば、冷やご飯団子はさらに美味しく食べられます。あんこがあればあんこ団子やお汁粉も作れるし、海苔があればいそべ団子も作れるし。

団子は白玉粉を使わなくても作れるってことを、覚えておくと何かの時に便利かも。特に、何もない家で小腹が空いた時なんかに。ぜひ試してみてくださいね。

調理・撮影・執筆=山川ほたる (c)Pouch

元の記事を表示