お中元の季節。どんな物であっても相手の気持ちを考えるとうれしいけれども、正直、お値段が気になっちゃう………なんてことありませんか。

今回紹介するのはレシピアプリ「レシピット」が行った、お中元の食品についての調査。お中元をもらったら商品の値段をネットなどで調べると回答した人が、なんと5割近くもいたのです!

ひと昔前なら値段まで調べる人は少なかったと思うのですが、いまやネット社会。これがお中元の現実なのかしら……。

【「お中元の値段をネット検索する」48%】

まず「お中元でもらった食品の金額を検索などで確認したことはありますか?」と聞いたところ、「ある」と答えた人は48%、「ない」と答えた人は52%で、半数近くの人が金額を確認しているようなのです。お返しの参考のために調べる人もいると思いますがが、意外に多い数字ではないでしょうか。

【「好きな食品ではなかった」38%】

次に「お中元でもらった食品について困ったことはありましたか?」と聞いたところ、「ある」と答えた人は34%、「ない」と答えた人は66%という結果に。理由は「好きな食品ではなかった」が38%と4割近くにのぼりました。年代が上がるとともにこの回答をした人が多く、年をかさねるにつれて食の好みが固定される傾向にあるようです。

そのほか「冷蔵庫に入るサイズではなかった」「日持ちがしない鮮魚類だった」という回答も寄せられていて、商品を選ぶときはサイズや賞味期限も考慮したほうがよさそうです。

【お中元でもらってうれしい食品は!?】

それならば「これは絶対ハズさない」という、お中元のテッパンがあるのか気になるところですよね。ところが「お中元でもらってうれしい食品は?」という質問の答えは、見事なほどバラバラに……。どうやら、これを贈れば間違いなし! というものはなさそうですね。相手の好みや家族構成にあわせて選ぶのがよさそうですね。

毎年何を贈ろうか悩むのに、48%の人が値段を調べてると思うとさらに悩んでしまいそうですが、「感謝の気持ち」ですから、相手の顔を思い浮かべなら楽しんで贈りたいですね。

参照元:プレスリリース
執筆=シナモン (c)Pouch

元の記事を表示