大阪名物といえば、たこ焼きや、お好み焼き。これらの味付けに欠かせないのは、ソースにマヨネーズ、かつおぶし、紅しょうがなわけなのですが、これら “西の味” が、なんとこのたびハンバーガーになっちゃった!

大阪のソウルフードをリスペクトしたこのメニューは「なんばベーコンエッグバーガー」

2017年6月6日より順次関西に出店する、ファーストキッチンとウェンディーズがコラボした「ファーストキッチン・ウェンディーズ」にお目見えします。

【この組み合わせ、美味しくないわけがない】

6月6日にオープンする「難波戎橋店」は関西1号店となるお店で、「ファーストキッチン・ウェンディーズ」としては関西エリア初。ウェンディーズとしては、なんと2009年以来8年ぶりとなるそう。「なんばベーコンエッグバーガー」は、今回の関西初上陸を記念したメニューというわけです。

気になる中身は、ウェンディーズの四角いLサイズパティに、ファーストキッチンのベーコンエッグ。ファーストキッチンとウェンディーズのコラボということで、それぞれの自信作が使われています。

【食欲をそそられます】

ここからが他のバーガーとは大きく異なるところで、トッピングに使われているのは、お好みソースにマスタード、マヨネーズ、そしてたっぷりのかつおぶしと紅しょうが! 

お好みソースは野菜と果実、こだわりの「デーツ」など、約20種類の香辛料をブレンドしたコクのある甘さなのだそうで、味を想像しただけでお腹がすいてきちゃった~。

期間限定・数量限定だという新商品は、大阪に行ったらぜーったいに食べておきたい逸品です。発売期間は、6月6日(火)から7月上旬とのこと。スグにゲットできる関西のみなさんがうらやましいかぎりだわっ。

参照元:プレスリリース、First Kitchen
執筆=田端あんじ(c)Pouch

元の記事を表示