本日3月18日は、「睡眠の日」。正しくは「世界睡眠デー」といい、世界睡眠医学協会 (WASM) が、睡眠について知識を深めてもらおうと定めたものなのだそうな。

これに合わせて、東京・原宿の「ネスカフェ原宿」が、夢のような期間限定カフェを登場させます。その名も「ネスカフェ×フランスベッド 睡眠カフェ」、電動ベッドに横になって最長2時間もお昼寝できちゃうカフェなのだとか! なんだかステキそう!

3月16日〜26日の期間限定で、寝具メーカー「フランスベッド」の最新ベッドで良質の睡眠をいただけるということなのですが……ちょっと待って、ネスカフェ運営ってことは、やっぱりコーヒー出すんでしょ? 睡眠とコーヒーってとっても相性よくなさそうだけど、いったいどういうこと?

【「良質な睡眠」が体験できる】


この「睡眠カフェ」、店内に最新型の電動リクライニングベッドを10台設置。客はここに横になり、安眠用の音楽を聴きながら心地よい眠りに入っていくことができる、というもの。

よりよい眠りを実現するための照明設備や、リラックスできる音楽を楽しむための高品質ヘッドフォンなども備えており、良質な睡眠を体験することができるのです。

【快眠につながるコーヒーの飲み方!】

また、睡眠前にはカフェインレスコーヒー、目覚めたあとにはカフェイン入りのコーヒーを1杯ずつ無料提供する、というサービスも。

じつはこれが、「快眠のためのコーヒーの飲み方」なのだそう!

寝る前にはカフェインの入っていないコーヒーを楽しみながらリラックス、起きたあとにはいつものコーヒーで体をリフレッシュさせる、ということ。ここに、フランスベッドとネスカフェの異色コラボの狙いがあったというわけです。

【もちろん寝なくてもOK】

とはいえ、寝なくちゃいけないというわけではもちろんありません。心地よいフランスベッドでネスカフェを飲みながら、ゆったり本やDVDを楽しむなど、思い思いのリラックスタイムを過ごすというのもOK! でもきっと、わたしだったら寝ちゃうだろうな……。

この「睡眠カフェ」、「ネスカフェ原宿」でフードメニュー1品以上を注文することで利用できるそうですよ。世界睡眠デーにふさわしい本物の睡眠を経験すべく、立ち寄ってみては?

参照元:「ネスカフェ×フランスベッド 睡眠カフェ」プレスリリース、ネスカフェ原宿一般社団法人 日本生活習慣病予防協会

執筆=sweetsholic (c)Pouch

元の記事を表示