2017年10月24日に日本郵便株式会社から発売される切手「和の食文化シリーズ 第3集」。第1集は一汁三菜、第2集は年中行事というテーマだったけれど、第3集はというと……「生活に根ざした米料理」!

うめぼしに鮭、ごま塩、太巻き、いなり寿司など私たちにおなじみの美味しそうなおむすびやお寿司10種類が登場します。これが形もちゃーんと三角形になっていて可愛いらしいんです。

【おむすびやお寿司10種類】

切手はぜんぶで10種類。ごましお、おぼろ昆布、うめぼし、鮭、しらす、赤飯、豆ご飯のおむすびに、太巻き、いなり寿司、、天むすというラインナップになっています。

イラストもほんわかとしたテイストで、おむすびが持つあたたかみが伝わってくるよう。

【おむすびやお寿司の豆知識も】

さらに、これらの10種のおむすびについて日本郵便のホームページでは詳しく解説しています。たとえば、巻き寿司の誕生は江戸時代とされ、江戸時代に出版された料理書の中に作り方が出てくるのだとか。

また、しらすおむすびの切手は俵型のデザインですが、おむすびは関東では三角形、関西では黒ゴマをまぶした俵型が定着し、さらに北海道・東北では太鼓型、東海・北陸では球型を主流という見方があるそうです。

こんなふうに、おむすびやお寿司に対して興味を持ったり知識を得られるのも、今回の切手の素敵なところですね。

【おむすび切手で手紙を】

「和の食文化シリーズ 第3集」の発売はシール式の82円郵便切手で1シート820円。全国の郵便局やオンラインショップ「切手SHOP」などで発売となります。

発売時期はちょうど食欲の秋! こんなおいしそうな切手で手紙を出したら、受け取る方にもきっと喜ばれますね。

参照元:日本郵便Twitter @kitteclub
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch