tuna
誕生日会やホームパーティーを開く際、知っておいて損はない! 本日ご紹介するのはそんなときに便利、見栄えがいいのに超カンタンな、 “おもてなし” メニューです。

レクチャーしてくれるのは、米マイアミにある寿司バー「NoVe Kitchen & Bar」の寿司職人、テラダ ヒロユキ(Hiroyuki Terada)さん。

気になるメニューはその名も「スパイシーツナ ボンボン」、動画サイトYouTubeにその手順が紹介されておりましたので、さっそくみていくことにいたしましょう!

【主役は「スパイシーツナ」】

まず用意するのは、アメリカの寿司店では定番のネタ、スパイシーツナ。残念ながらこちらのレシピに関しては触れられておらず、また作り方もお店によって様々なようなのですが……。

【どうやって作るの?】

調べてみたところ、味のポイントは「マヨネーズ × 醤油 × スリラチャ ホットチリソース」「マヨネーズ × 豆板醤 × ごま油」、これらを組み合わせて作ったソースのよう。こちらにマグロのぶつ切り、あるいはツナ缶のツナを合わせたもの、それをスパイシーツナと呼ぶのだそうです。

【ラップが大活躍します】

出来上がったスパイシーツナを手で丸め、その上にすっぽり覆いかぶさるようスライスしたアボカドをのせたら、あとはラップで包んで丸くかたちを整えればOK! 

ラップの余分な部分をカットし中身を取り出したなら、この時点でもう、作業の9割が終了です。

tuna

【あとは可愛く美しくトッピングするだけ!】

お皿に置き、とびこや金箔などをトッピングすれば、オシャレで気の利いた前菜「スパイシーツナ ボンボン」のできあがり。どうです、驚くほどカンタンでしょう?

【覚えておくと絶対に便利♪】

ちなみにスパイシーツナ、お好みで中にネギやゴマなどを足しても美味しいのだそう。ちょっとしたおつまみにも最適なこのメニュー、さっそくあなたのレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか。

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ(c)Pouch

この記事の動画を見る

オリジナル記事: おもてなしにピッタリ♪ あっという間&超カンタンにできちゃう料理「スパイシーツナ ボンボン」を作ってみよう!
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事