最近、なんだかお疲れモードからなかなか抜け出せない。しばらく旅行にも行けてないし、気がつけば仕事仕事で、“自分にご褒美”なんて言葉もすっかり忘れていた……。そんな人はいないだろうか?

じつは、そんな働く女性にぴったりの、“手軽にリーズナブルに確実にリフレッシュできる方法”がある。誰にも合わせることなく、清潔で快適な空間を独り占めできる、……“おひとりさまホテルステイ”だ。

今回は22年間の CA人生で、世界各地の快適なホテルライフを体験してきた筆者より、お得な“平日おひとりさまホテルステイ“が働く女性にもたらす、3つのうれしい効果をご紹介しよう。

 

■1:頭も体もデトックスできる

「最近読書に集中できない……」 そんな症状が出てたら“IT依存症”になっている可能性が十分ある。

「テレビ、パソコン、スマホをシャットアウトするなんて絶対無理!」という人も、非日常であるホテルステイなら、無理なくデジタルデトックスにチャレンジできるはずだ。

食事と睡眠の時間以外を瞑想の時間にあてるもよし、普段読めない長編小説にチャレンジするもよし。ホテル周辺に散歩コースがあれば無心に歩くのもいいだろう。

生理周期に合わせたアロマを一滴たらしたティッシュペーパーをベッドサイドに置き、丁寧にお茶を入れてゆったりと飲む。アイロンされた清潔なベッドリネンでぐっすり眠れば、翌朝は頭も体もクリアに澄み切っているのが実感できるだろう。

 

■2:感謝の気持ちを取り戻せる

会社の同僚、上司、家族や友人、恋人。誰しもが周囲の人々と波長を合わせて生きている。

彼らにはもちろん感謝しているし、大切な存在であることは変わりない。しかし、時として自分本位になってしまったり、距離が近すぎて素直になれない、なんてこともあるだろう。

そんなとき、相手に不信感を抱かせることなく期間限定でそこから離れてみることで、自分の新しい感情に出会うことができたらどうだろうか。苛立ちが鎮まり、押し付けられることなく感謝の気持ちが自然と湧き上がってくるのではないか。

独りになり何を心に感じるか、そっと向き合ってみるのもいいかもしれない。

 

■3:女っぷりが上がる

せっかくのホテルステイの機会、普段はなかなかできないことをやってみるのもよいだろう。

最近流行りの“ジュースクレンズ”を持ち込んでプチファスティングに挑戦するとか、発汗効果の高いバスソルトで思う存分バスタイム三昧を楽しむとか。あるいはホテル併設のスパやジムを利用しストレス発散したり、一人でホテルのバーに行ってカクテルを楽しんだり、朝は糖質制限やグルテンフリーの朝食を美味しく楽しんだり……などなど。

じつはホテルには、泊まるだけではなく、働き女子の女磨きにぴったりなオプションがたくさん用意されているのだ。試してみる価値があるといっていいだろう。

 

以上、お得な“おひとりさま平日ホテル一泊ステイ”が働き美女子にもたらす効果3つについてご紹介したが、いかがだろうか?

“おひとりさま”向けのお得なホテル宿泊プランを設定しているホテルはけっこうあり、ネット検索すると簡単に探すことができる。休前日の宿泊に比較して、数千円も安く設定されていることもあり、お得感抜群だ。ぜひ利用してみてほしい。

リフレッシュしてホテルから颯爽と出勤したら、その日一日、いい仕事ができそうだ。

 

【関連記事】

※ 当てはまったらキケン!今すぐ「デジタルデトックス」が必要な3つの兆候

※ みんなホントは…!? 働く女性の「平日の朝活」その意外な実態とは

※ 同僚誘って優雅にカンパイ!都内ホテルの「ハッピーアワー」オススメ5選

※ あの梨花も絶賛!ズボラな人ほど効果アリな「●●しない美肌法」とは

※ あーん飲み過ぎた!働き女子の辛い「二日酔いの朝」に摂りたい食品5つ

あわせて読みたい

元の記事を表示