これからの季節は、お肌のムレやベタベタ感が気になりますよね。不快指数が上がれば上がるほど、仕事に集中しにくくなったり、家事も面倒になったり……。

「夏は暑いから仕方ない」と、何も対策をとらなければ不快指数はグングン上がる一方です。暑い季節でも、工夫次第で快適に過ごすことが出来るんです。

そこで今回は、ワコールの調査結果も参考に、時短美容ジャーナリストの筆者が、“夏を快適に過ごすために工夫したい3つの必需品”をご紹介します。

 

■1:制汗剤

汗のベタつきを感じない肌をキープするためには、制汗剤はマストです。

ワコールの調査で、「“さらさら肌”になるための工夫」を聞いたところ、「制汗剤を使う」人が約8割にも達していました。

『WooRis』の過去記事「ニオイ対策の盲点!意外と知らない“制汗剤の効果的な使い方”2つ」でお伝えしたように、制汗剤を使う前にひと手間を加えると、効果がグンと上がるのはご存じでしょうか?

朝起きたらシャワーで汗を流してから、清潔なお肌にシートタイプの制汗剤を使用するようにしましょう。また、シートタイプの制汗剤で汗をふいた後でスプレーなどでケアすると効果的です。

さらに、ムレやベタつきを感じさせないお肌をキープするためには、外出時にも制汗剤を持参し、こまめに使うことも大事な心がけですね。

 

■2:下着の快適度

最近では、涼感機能や吸汗速乾機能がある高性能下着が続々と発売されていますが、わざわざ下着を買い換えなくとも、複数の下着を持参すれば、サラサラ肌キープに一役買ってくれます。

ヨガインストラクター資格を有する筆者も、暑い季節は複数枚の下着を携帯し、レッスン後に汗をかいたら必ず着替えています。下着の快適度が上がると、サラサラ肌がキープしやすいんです。

同調査でも、「涼しい機能のあるインナー(肌着)を着る」が48.4%、「脇の部分に汗とり機能のある下着を着る」が32.9%と、快適なお肌をキープするために下着に気を遣っている女性は意外と多いのが実態のようです。

 

■3:普段使いコスメ

さらに、コスメにもひと工夫加えることで、不快指数の高い季節を快適に過ごせるようになるんです。

同調査では、「基礎化粧品(下地やファンデーションなど)を夏用に変える」という人も約3割いました。また、暑い季節にはお化粧崩れを防止するために、いつものコスメを冷やしてしまうのも効果的なんです!

化粧水や美容液などの基礎化粧品を、冷蔵庫で保管しておくだけで、お化粧前に肌の温度を下げることができ、グッとお化粧崩れしにくくなります。但し、コスメによっては成分が変わるものもあるので、試す前に必ずチェックしてくださいね。

 

以上、“夏を快適に過ごすために工夫したい3つの必需品”でしたが、いかがでしょうか?

気温が上がる季節の不快感は、「仕方ないよね……」と諦めている方が多いと思いますが、ご紹介したような点を工夫するだけで、メイク崩れやベタベタ肌を防ぐコツになるんです。

“いつものモノ”にちょっとしたひと手間を加えるだけで、“涼しい顔”で快適に過ごせるようになるので、参考にしてみてくださいね。

 

【参考】

あわせて読みたい

元の記事を表示