通勤中、スマホ片手にニュースやSNSをチェックしている方は多いだろう。また、職場でも、スマホ片手に会議室に移動したり、スマホを見せながら説明するシーンもあるかもしれない。

最近のスマホはサイズが大きくなってきたこともあり、女性の手には少々使いづらいこともある。片手で操作していると、落としそうになることも多いのではないだろうか。

そこで今回は、企業で採用担当をしていたときに、スマホ片手にイベントで外を走り回っていた筆者から、スマホを手からすべり落とさないための便利グッズを3つご紹介しよう。

これらを使っていれば、どんなに混雑している電車でも、落とすことはまずなくなる。ぜひチェックしてみてほしい。

 

■1:スマホに“取っ手”をつける

スマホケースにすでに“取っ手”がついたものは多数売られている。また、スマホにくっつけることで、まさに指輪のように指を通し、スマホを落とさないようにする『BunkerRing』もオススメだ。

難点は、スマホに取っ手がついているため、置いた際にどうしてもガタガタしてしまうところだが、小さな赤ちゃんがいて手が放せないママなどにも大変便利である。

 

■2:ストラップホルダーつきスマホケース

「スマホを置いたときにガタガタするのは嫌だ!」という方は、スマホケースに“ストラップホルダー”がついたものを選ぼう。

ストラップをつけることで、指をひっかけながら操作できるものが多数売られている。

これまでのガラケーでは常識だったストラップだが、スマホにはつけていない人が多い。しかし、リールの長いストラップなどをつければ、首にかけたりカバンとつなぐこともできるので、通勤時に絶対落としたくない人にはピッタリの方法だ。

 

■3:スマホバンド

「スマホに何かくっつけるのはちょっと……」という方は、付け外し可能な“ゴムバンド”タイプがオススメだ。落下を防止したいときだけ、スマホにゴムのようなモノを取り付け、手を支えることができるグッズがある。

サイズも小さく、ゴム製のモノが多いため、持ち運びもしやすい。ただし、使っている途中に取れてしまうリスクはどうしてもあるので注意したい。

 

以上、スマホを手からすべり落とさないために使える便利グッズを3つご紹介したが、いかがだろうか?

これからもスマホやタブレットのサイズは大きくなっていくことが予想されるため、今のうちに色々と試しておきたいものだ。

オシャレなグッズをつけていると、職場でも話題になり、あなたの情報感度の高さを褒められるかもしれない。

 

【参考】

あわせて読みたい

元の記事を表示