卵を割ったら黄身が二つだった……そんな双子の卵「二黄卵」に皆さんは出会ったことある? もし出会えたら、ちょっとしたお得感を味わえてラッキーな気持ちになれそうですよね。

でも、ラッキーを超越して「奇跡」とでも呼びたくなるようなできごとに遭遇したのは、YouTubeユーザーのMark Jさん。なんと12連続で双子卵を出しちゃったというんです……こんなことってホントにありうるの!?

【二黄卵が続出!】

海外サイト「Mashable」によると、アメリカ・メイン州にあるトレーダージョーズというスーパーマーケットで12個入りの卵を買ったというMarkさん。家に帰って割ってみると、二黄卵が次々に出てきたといいます。卵を7つ割った時点で動画を撮影することに決め、次の日録画スタート。

コンロの上のフライパンに卵を割っていくと……予期したとおりというべきか、やっぱり双子卵! そしてその後に割っていった4つもすべて双子卵となったのでした。

【こんなこと、ホントにありうるの?】

最初の7つは録画されていませんが、Markさんの言葉を信じるならば1パック12個入りすべての卵が二黄卵だったということに!

調べてみたところ、1羽の鶏が二黄卵を生む確率は1~2%なのだとか。そんな希少な二黄卵が12個連続で入っていただなんて、確率としては天学的な数字になりそうなんだけど……!?

実はここで少し種明かしをすると、二黄卵は卵を産み始めたばかりの若鶏から生まれやすかったり、見た目がほかの卵より大きくて判別しやすかったりするそうで、そのため1パックにまとめて詰められる……なんてケースもあるのだとか。

【でも一度は遭遇してみたい!?】

「買ってきた卵ぜんぶが二黄卵だった!」と聞くと奇跡のように感じてしまいますが、こうした話を知るとそこまで珍しいことでもないのかもしれませんね。

とはいえ、何も知らずにこんな事態に遭遇したら誰だってビックリしちゃうはず! Markさんたちもこの卵で作ったオムレツを食べるときは、さぞかし会話が盛り上がったことでしょう。皆さんも一度はこんな偶然、遭遇してみたい!?

参照元:YouTubeMashable
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

元の記事を表示