生理中にイライラして、「いけない」とわかっていても、つい夫に八つ当たりしてしまう人も多いはず。こうした生理の辛さは男性にはなかなか理解しにくいものですが、夫たちはどう感じているのでしょうか?
今回は『WooRis』が実施した独自アンケート調査の結果をお届けします。

「あなたの妻は生理中に心身の調子が悪くなりますか?」

20代~40代の既婚男性178人に、「あなたの妻は、生理中に心身の調子が悪くなりますか?」と質問してみたところ、結果は以下のようになりました。

・はい・・・45人(25.3%)

・いいえ・・・59人(33.1%)

・妻がいつ生理中なのか知らない・・・74人(41.6%)

生理中の妻の不調を実感しているという男性は、およそ4人に1人。

妻が生理にともなう不調に煩わされていても、それに気づいていない夫がどうやら少なくないようです。

「生理中の妻の変化で困ったこと、イヤなことはありますか?」

生理中の妻の変化を実感している男性たちに、“困ったこと、イヤなこと”について尋ねてみたところ、以下のようなコメントが得られました。

「突然機嫌が悪くなる」

「イライラして些細なことで怒られる」

「家事をしない。ひどいときには何もできなくなる」

「辛そうにしているときがあるので、切ない」

筆者も女性なのでよくわかりますが、生理中にはささくれだった気分になり、普段なら何でもないことが気に障りがちですよね。そんな妻を見て、「えっ、なんでそんなことで怒るの?」と面食らってしまう夫は多いようです。

また、生理痛や頭痛がひどいときは安静第一ですが、夫が生理の辛さについて無理解だと、怠けているように誤解されてしまうこともあるかもしれません。

「生理中の妻に対し、気遣い・配慮していることはありますか?」

生理中の妻に対して、気遣い・配慮をしていることはあるかと質問したところ、「はい」と答えたのは39人(21.9%)。妻の不調を実感しているという男性は45人でしたが、その大半が何らかの気遣い・配慮をしていることがうかがえます。

具体的にどんな気遣い・配慮をしているのかというと……?

「そっとしておく。雑用をやる」

「優しく声をかける」

「体調が悪い時は、食事の支度は自分が行う」

「重いものを持たせない。外出の用事は代行する」

「いつも以上に家事を手伝い、少しでもゆっくり休めるようにする」

「部屋を冷やしすぎない」

雑用を代行したり食事の支度をしたりと、家事の手伝いを挙げる夫が多くいました。体調が悪くて辛いときに、夫が家事の負担を減らそうと動いてくれるのはありがたいことですよね。

また、積極的に協力するとまではいかなくても、“とりあえずそっとしておく”という意見も見られました。

“生理が重い”妻が心がけるべきこと3つ

「うちの夫は私が辛くても何もしてくれない」「それどころか、私の調子が悪いと、向こうが不機嫌になる!」など夫の対応に不満がある人も多いことでしょう。

今回のアンケート調査をふまえて、妻が心がけるべきこと3つをご紹介します。

(1)生理の辛さを夫にレクチャーする

女性の辛さを理解して、気遣いができる夫はごく少数派であるということを肝に銘じましょう。妻の変化に気づかなかったり、気づいてもどう対応していいのかわからなかったりするのは仕方のないことです。

「話してもムダ」などとハナからあきらめるのではなく、あなたがどれくらい辛い思いをしているのか、きちんと伝えましょう。

生理の真っ最中だといちいち説明するのも億劫……という人は、普段の元気なときに夫に伝えることをオススメします。

(2)辛いときは夫に甘える

生理でしんどいときにも「普段通り、ちゃんと家事も育児もこなさなきゃ!」と気負いすぎていませんか?

無理に気丈にふるまおうとすると、何も気づかずのほほんとしている夫に対して「私はこんなにがんばっているのに!」という気持ちが生まれ、それがイライラへとつながってしまうことも。

心身に不調があるときは、無理にがんばりすぎてネガティブな感情をためこまないように、思い切り夫に甘えましょう。いきなり不機嫌になったりキレたりするよりも、ストレートに甘えられたほうが、夫はあなたをいたわりたくなるのではないでしょうか。

(3)要望はできるだけ具体的に伝える

生理中に夫にしてほしいこと、してほしくないことはできるだけ具体的に伝えましょう。たとえば、以下のように言い方を工夫してみてはいかがでしょうか?

「今日、生理が始まって、おそらく○日間くらいはイライラしやすいかもしれないの」

「どうしてもご飯を用意するのが辛いから、今晩はあなたの好きなものを買ってきてくれる? ついでに、私の分でコンビニの冷やし中華を買ってきてくれるとうれしい!」

ただ「うっとうしいから近寄らないで!」とヒステリックになったり、「何もしてくれない!」と不満をためこんだりするより、はっきりリクエストしたほうがお互いにとってプラスとなるでしょう。

いかがでしたか? 月に1度のブルーデイズは女性ならば誰しも避けられないこと。でも、夫に甘えるなどうまく対処できれば、生理を通じて夫婦愛を深めることも夢ではないかもしれませんよ!?

(ライター 中田綾美)

あわせて読みたい

元の記事を表示