【最新シネマ批評】
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、映画『メッセージ』(2017年5月19日公開)。そうです、あの「ばかうけ」にソックリな宇宙船が出てくる映画です。まさかドゥニ・ヴィルヌーヴ監督自ら「宇宙船のデザインは、ばかうけに影響されたんだよ」なんて言うとは思いませんでしたよ。

でもみなさん、もう「ばかうけ」のことは忘れてください。映画『メッセージ』に登場するあの宇宙船から「ばかうけ星人」は出て来ませんからね!

この映画は「あなたの人生の物語」(テッド・チャン著)が原作です。SF的なタイトルではありませんが、映画を最後まで見ると、このタイトルの意味がわかります。これは人生の映画なのです。

【物語】

世界各地に宇宙船が飛来します。アメリカでは、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、宇宙船からの音や波動から地球外生命体の言葉を解読してほしいと国家から要請を受けました。彼女は物理学者のイアン(ジェレミー・レナー)と組んで、宇宙船との距離を縮め、ついに地球外生命体とのコンタクトも行えるようになります。

その一方、彼女は娘、ハンナとの日々が頭から離れません。幼い頃、反抗期、そして病に倒れたとき。夫との別れも脳裏をよぎります。

やがてルイーズは、地球外生命体は地球人と時間の概念が違うことを知ります。その生命体には、過去、現在、未来の概念がないのです。そしてルイーズも過去、現在、未来を超越していきます。それが意味することとは……。

【ルイーズの中で起こったミステリー】

宇宙船が登場したとき、得体のしれない大きな物体に人間は恐れおののき、攻撃の準備を整えながらも、各国、探りを入れます。アメリカもまず対話を試みようとし、そこに言語学者のルイーズが呼ばれたのです。

地球外生命体から吐き出される図形は日々変化していき、規則性も見られたことから、コンピューターを駆使して、ルイーズは、彼らの言語をキャッチしようとします。しかしその作業の合間に、娘と過ごした日々の風景がたびたび現れるのです。

私はさっぱり予測できなかったのですが、ルイーズの中で起こっていたことが最後に明らかになったとき、見る者の心にルイーズと娘の日々が怒涛のように押し寄せてきます。そしてもう胸がいっぱいに。娘が愛おしく、家族を愛しているからこそ、彼女はある選択をしますが、それには覚悟が必要。その上での決断なのです。

【人生はあなたが作るもの】

私たちは年を重ねていき、成長や老いで時間の積み重ねを感じていますが、でも時間を積み重ねているのは私たちだけです。

身の回りにあるものは現実だけど、宇宙レベルで見たら、オママゴトのようなちっぽけなもので、積み重ねてきた時間さえ、意味をなさないのかもしれない……なんて、映画『メッセージ』で、ルイーズと地球外生命体のコンタクトを見た後、そんな風に思いを巡らせてしまいました。

映画はルイーズと観客が心を重ねあわせられるように演出されており、彼女が決断をする終盤、人生を彩るのは自分の力であり、一瞬一瞬が大切なんだと思えるのです。

地球を舞台にしながら宇宙の持つエネルギ―を感じさせ、宇宙を意識しながら、身近な幸福について考えさせられる映画『メッセージ』。凄い映画です!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』みたいなSF映画だと思って見に行くと「???」となりますので要注意! 同じSF映画でも正反対ですからね。しんみり、しみじみ感動したい人、神秘的な世界を感じたい人にオススメです。


執筆=斎藤 香 (c) Pouch

『メッセージ』
(2017年5月19日より、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー)
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグ、マーク・オブライエンほか

元の記事を表示