出張のお土産などで、“紅茶の茶葉”をいただくことがあるかもしれない。お茶は軽くて持ち運びしやすく、日持ちもするので、お土産としては定番の部類に入るだろう。

職場でも、ポットに茶葉を入れてお湯を注げば、手軽に本格的な紅茶を楽しめるので重宝するものだ。

でも、これからの季節、だんだん暑くなってくると「ホットティーはちょっと……」という状況にもなってくる。しかし、そうと言って「アイスティーを飲むたびに茶葉から作るのはちょっと面倒……」と億劫に思う人は多いはず。

そこで今回は、「アイスティーにするならペットボトルを買ってしまう」という人のために、紅茶専門家の小島令子さんから、いつものアイスティーを茶葉から手軽に楽しむコツを教えていただこう。

あなたも、ちょっとしたアレンジを覚えて、ペットボトルの紅茶を卒業しよう!

 

■1:“作り置きアイスティー”でいつでも丁寧なひと時を!

「飲むたびに作るのは面倒、という人はぜひ“作り置きしてもおいしいアイスティーの作り方”をマスターしましょう。普段はペットボトルを買うという人も、作り置きなら何度も楽しめますので、ぜひチャレンジしてみてください。

紅茶の茶葉を通常の2倍ティーポットに入れ、、熱湯を注ぎ、ふたをして2分ほど蒸らします。このあとがポイントです。

まずはざるとボウルを用意してください。ざるに氷を多めに入れ、紅茶を氷に当てながらボウルに流します。ぬるめの紅茶ができますが、飲む直前に必要な分だけグラスに注ぎ、そこにはじめて氷をとかすのです。

こうすることで、作り置きをしても水っぽくなく、おいしいアイスティーが作れます」

一日に何度もお茶する時間があるけど、一杯ごとに作るのは面倒!という人にはおすすめの方法だろう。おいしく作ったアイスティーをマイタンブラーに入れて出勤すれば、満員電車で汗ばむ日などにも、大きな癒しとなりそうだ。

 

■2:脱マンネリには“フルーツセパレートティー”

「アイスティーばかりでは飽きてしまうという方や、来客時にちょっとしたおもてなしをしたい時によいのが“フルーツセパレートティー”です。

まずティーポットに2倍の茶葉を入れ、熱湯を注ぎ、ふたをして約2分蒸らします。その後、別のポットにグラニュー糖を入れ、先ほど蒸らした紅茶液を注ぎ、しっかり混ぜあわせます。グラスに氷を大盛りに入れ、グラニュー糖のまざった紅茶液をグラスの7分目まで注ぎ、グレープフルーツの果汁を静かに注ぎましょう。

お客様のおもてなし時には、カットしたフルーツを飾ると見た目にも美しく喜ばれるでしょう」

今回はグレープフルーツで紹介したが、もちろん他のフルーツでもおいしくいただけるようだ。フルーツがない場合は、無糖のジュースでもよいとのことなので、いろいろトライしてみるのも面白いだろう。

 

■3:基本のロイヤルミルクティーもアイスでおいしく!

以前、『BizLady』の「紅茶のプロ直伝!“癒しのロイヤルミルクティ”を作る3つのステップ」でご紹介した“ロイヤルミルクティー”だが、今回は“アイス”のバージョンをご紹介したい。

「2つのティーポットを用意し、グラスに紅茶液を注ぐところまでは■2のフルーツセパレートティーと一緒です。ロイヤルミルクティーの場合、紅茶液を注ぐときはグラスの8分目までにします。その後、無脂肪または低脂肪の牛乳を静かに注ぎ、その上に生クリームを足すのがポイントです。ミントがあればミントの葉をのせてかき混ぜてください」

甘さは人によって好みがあるだろうが、甘い方が好きという方は、紅茶がスプーン2杯に対し、砂糖は6杯ほど入れると、お店と同じような甘さになるという。生クリームを入れることで、コクのあるなめらかなミルクティーに仕上がるので、ぜひ試していただきたい。

 

以上、職場で紅茶をより楽しむためのアレンジを3種お伝えしたが、いかだだろう?

冷蔵庫・冷凍庫が会社にあれば、タンブラーを使って会社でも簡単に作ることができるだろう。暑さに負けてしまいそうな日には、本格的なアイスティーを作って、忙しい職場ライフに癒しを提供してはいかがだろうか。

 

【取材協力】

※ 小島令子(こじま・れいこ)・・・英国伝統紅茶文化協会認定 紅茶専門家で、イギリス、フランス、ドイツ、インド等で紅茶・洋菓子・パンの、技術、文化、歴史を学ぶ。テレビ東京『レディス4』をはじめ、ラジオ・雑誌等出演多数。調理師専門学校や洋菓子フード専門学校にて紅茶の講座を担当。(ブログ「紅茶専門家 小島令子の英国伝統紅茶サロン」)2015年3月28日には、中禅寺金谷ホテルで『紅茶専門家小島令子の英国クラシックアフタヌーンティーパーティ』を開催。また、ルクエスイーツ協会の代表も務めており、2014年8月には、レンジクッキングワールドをオープン。近著に『ルクエで簡単スイーツ』(KKベストセラーズ出版)。

 

あわせて読みたい