自分の親や義理の親と一緒に行く旅行は、かけがえのない思い出になりますよね。せっかく行くならシニア世代が「孫と一緒に行きたい!」と思うエリアを選んであげると、親たちの満足度もグッと上がるはず!
そこで今回は、ジェイティービーが孫がいる50歳~79歳までの男女500人に実施した「シニアの旅行に関する調査」をもとに、シニア世代に人気が高いエリアとおすすめスポットをお伝えします。

シニア世代が旅行に行きたい相手は?

同調査では、まず「あなたは、夏に旅行に行くとしたら、以下のうち、どなたと旅行に行きたいですか(単一回答)」と質問。すると、トップ3は以下のようになりました。

3位:子ども・・・12.4%

2位:孫・・・14.2%

1位:パートナー・・・55.2%

自分のパートナーとの旅行を希望しているシニアの親世代がトップではあるものの、注目すべきは2位と3位。なんと、自分の子どもよりも「孫と旅行に行きたい」と考えている親たちのほうが多かったのです……!

旅行に関心が高く行動的な団塊の世代を中心に、祖父母と孫だけで行く“まご旅行”が広がりをみせていることの表れと言えそうです。

子どもの立場からすればやや複雑かもしれませんが、多忙な子ども夫婦へ配慮した親心が反映された結果なのかも。親たちが孫と旅行に行っている間に、夫婦2人だけの時間を楽しむこともできそうですね。

では、親世代は孫と出かけるときに、どんなエリアに行きたいと考えているのでしょうか!?

孫と一緒に行きたい都道府県トップ3

「お孫さんと旅行に行ってみたい都道府県はどこですか(単一回答)」と質問した結果を見てみましょう。

3位:千葉県

2位:北海道

1位:沖縄県

日本の最南と最北の都道府県「沖縄県」と「北海道」がワンツーフィニッシュとなりましたが、大健闘しているのが「千葉県」。「千葉県」を選んだ人の理由としては、次のような声が挙がっていました。

「ディズニーランドが好きだから」(52歳・愛知県・男性)

「孫がディズニーのキャラクターが好きなので」(埼玉県・68歳・男性)

東京都に隣接した千葉県浦安市の『東京ディズニーランド』や『東京ディズニーシー』で、「孫と夢の国で思いっきり楽しみたい!」と思っている親世代が多いようです。

でも、せっかく浦安エリアに行くなら、ディズニーランドだけではもったいない! 浦安市のお隣・市川市で市議を務め、浦安と地続きの行徳に10年暮らした筆者が、“まご旅行”にぴったりの“浦安旅行のおすすめスポット”をご紹介します。

孫と親世代が“まご旅行”で楽しめる浦安スポット3つ

(1)IKSPIARI(イクスピアリ)

『東京ディズニーリゾート』のすぐ近くにある商業施設『IKSPIARI(イクスピアリ)』にはレストランやショップだけでなく、映画館まであります。浦安エリアだけで、「1日目はディズニーで遊んで2日目は孫と一緒に映画を楽しもう!」なんていうプランも計画できちゃいます。

(2)大江戸温泉物語 浦安万華郷

新浦安駅や浦安駅からの送迎バスもあるので、旅行の初日にまずはお風呂で移動の疲れを癒すのもオススメです。男女で楽しめる水着着用の露天風呂がありますから、“まご旅行”だけでなく3世代旅行でも皆一緒にお風呂を楽しめますね。

(3)浦安魚市場

浦安駅から徒歩数分の場所には、浦安魚市場があります。

お魚好きなお孫ちゃんなら、ズラリと並ぶ魚介類や間近で見られる市場独特の雰囲気に興奮して喜んでくれるはず。また、新鮮な魚介類や珍しい食品を買うお土産選びの場にもなります。

お魚好きならば、ぜひ足を伸ばしてみてください。

以上、シニアの親世代が“まご旅行”したいと思う人気エリアと“浦安のオススメスポット”をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

今年の夏休みに、実家や義実家と我が子との旅行を検討しているパパママは、ぜひ参考になさってくださいね。

(ライター 並木まき)

【参考】

シニアの旅行に関する調査 – ジェイティービー

あわせて読みたい

元の記事を表示