ジメジメとしてストレスが溜まりがちな梅雨の季節は、寝苦しさから睡眠不足や肌トラブルを引き寄せます。また、頭痛や体調不良など健康面でもしんどい時期。胃腸も弱くなりやすく、下痢や腹痛などお腹の病気も出てきます。

そこで今回は、スコット・カニンガム著の『願いを叶える魔法のハーブ事典』を参考に、ジメジメ空間&心の曇り解消に効果的な“ミント”をご紹介します!

 

■ミントのパワー

ミントは昔から、治療薬や治癒・治療のミックスハーブとして使われています。イライラや眠気、ニキビ、花粉症、頭痛、消化不良、吐き気、筋肉痛などに良いといわれ、乾燥させた葉はポプリや匂い袋に入れると殺菌・防虫効果があります。

 

■心身を浄化する効果も

ミントはその場の空気を浄化してくれる効果があるため、ネガティブなものを一掃し、良い気が入ってきます。また、摘みたての葉を頭にこすりつけると、頭痛が和らぐ、手首にまとうと病気にならないといわれています。

心身の浄化には、フレッシュミントの葉をお風呂に入れて入ると、全身を浄化し、肌をさっぱりさせる効果もあるのでおすすめです。

 

■枕の下に入れて眠ると睡眠の質が上がる

すっきりとさわやかなミントの香りは、枕の下に置いておくと、睡眠の質を上げてくれます。また、夢の中で未来が垣間見えるパワーをもつハーブといわれています。

すっきりさわやかなミントは、レモングラスやカモミール、オレンジピール、パッションフラワーなどスッキリ系のハーブとブレンドして、ハーブティーとして寝る前に飲むのも良いですね。

 

■金運アップや商売繁盛にも

ミントは鮮やかな緑色の葉とさわやかな香りを持つことから、金運アップのお守りとしても使われていました。手軽にできる方法は、財布の中にミントの葉を数枚入れておく、または、いつもお金をしまっておく場所をミントの葉でこするといったことです。

 

いかがでしたでしょうか? 

梅雨の時期は、部屋が湿気っぽく洗濯物が乾かない、家の空気が重く悪い菌も増殖し、ネガティブになりやすいですよね。そんなときは、ミントのパワーで心と体、家もすっきり浄化させましょう!

 

【参考】

あわせて読みたい

元の記事を表示