暑~い夏に、冷た~いアイスクリームを食べるのは至福の時です。

しかし残念なことに、アイスクリームは放っておくと溶けてしまいます。溶けてしまう前になんとか食べきってしまえばいいのですが、やはりどうしても、最後のほうがトロトロな状態になってしまうことも。

しかしツイッターユーザーDonald Liさんが編み出したアイディアを実行すれば、アイスがドロドロに溶けずに、最後のひと口までおいしく食べることができそうなんです。

【注:カップアイス向けの食べ方です】

用意するのはカップアイスと、カップアイスよりやや大きめのサーモマグ。Liさんの場合は「Yeti」というメーカーのタンブラーを使っていて、タンブラーの中に氷をたっぷりと入れています。

タンブラーの上にかぽっとカップアイスをはめれば、準備完了。底にある氷の冷気とタンブラーの保冷機能によって、アイスの冷たさがしっかり守られるという仕組みなのであります。わお、マーベラス!

【保冷マグと氷が救世主になるとは…!】

思いつきそうでつかないこのアイディアに、ついた「いいね」の数は4万2000超。リツイート数も1万4000を超えており、「君はヒーローだ」「外出先で食べるのにいいね」「明日やってみる」といった具合にコメントもたくさん集まっていたようです。

もしも今、自宅の冷蔵庫にカップのアイスと保冷マグがあるというみなさんは、さっそく試してみるといいかもしれません。これでもう、アイスクリームをドロドロにして悲しい思いをする……なーんてことも無くなりそうですねっ♪

参照元:Twitter @DonaldtheAZN
執筆=田端あんじ (c)Pouch

元の記事を表示