本日6月22日は「カニの日」です。カニというと冬のイメージがあるけれど、夏にかけて旬を迎えるものもあるそうですよ。

でもなぜ、あえて今日がカニの日なの……?

占星術の十二星座で「かに座」の最初の日が6月22日にあたることが多いこと、五十音図で「か」は6番目、「に」は22番目にくることから、かに料理のおいしさを広めることを目的に、かに料理店「かに道楽」が1990年に制定した日だそうです。(ものすごいこじつけ感……)。同店ではこの日に合わせたイベントを行うそうなので、かに好きな人は立ち寄ってみるとよいかも。

【カニカマでちょいゴージャスな1品!】

さてさて、カニは食べたいけどそうそう手が出ない、そんなときの心強い味方がカニカマです。

カニ成分は入ってないけれど、カニカマってカニっぽい。おいしい。そんでもって安い!! 庶民派のカニカマだって工夫次第では、ゴージャスなかに料理に負けない1皿になるはず。

というわけで、柚子こしょうマヨでいただく「カニカマ&アボカドのサラダ生春巻き」を作ってみましょう。メインの食材は500円程度だけれど、満足度の高いオードブルです♪

【材料】(4本分)


カニカマ・・・8本
アボカド・・・1コ
スライスチーズ・・・4枚
ライスペーパー・・・4枚
サラダ用の葉野菜・・・50g
パクチー・・・お好みで

●柚子こしょうマヨ
マヨネーズ・・・大さじ2
ヨーグルト・・・大さじ1
柚子こしょう・・・小さじ1

【作り方】

1. 大きめのフライパンに水を張り、ライスペーパーを1枚ずつ、水に1〜2分間浸す。柔らかくなったら、大きめのお皿に移す。このままでは巻きにくいため、2〜3分間放置して巻きやすい状態に。


2. 割いたカニカマ2本分、チーズ1枚分、サラダ用の葉野菜ひとつかみ、パクチー(お好みで)、アボカドを中央より少し手前に置く。手前からくるっと巻いて、両端を折り込み、巻き寿司の要領でくるくる巻く。※1、2の作業を4本分行います

3. 1本を3等分にカットして、お皿に盛りつける。マヨネーズ、柚子こしょう、ヨーグルトを混ぜたソースを添えれば完成!

カニカマって、アレンジ次第でオシャレなオードブルにできる隠れた実力派。カニよりも海産物の香りは少なく、形も均一で加工しやすい。それでいてカニの華やかさを味わえるのです。筆者は現在フランスで暮らしているのですが、当地もおもてなし料理にカニカマを使うことが結構あるんですよ!

カニではなくの代わりにあえてクリエイティブなカニカマでおもてなし。ぜひ、試してみてくださいね!

参照元:日本記念日協会かに道楽

調理・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

元の記事を表示