金融機関で総合口座通帳を利用している方は多いと思いますが、総合口座の“当座貸越”の機能をご存知でしょうか? 円での定期預金などを担保に、普通預金残高が不足した場合にも一時的な借入れができて便利ですが、利用し過ぎには注意も必要です。今回は、ファイナンシャル・プランナーの筆者が、当座貸越の上手な利用法や注意点などをお伝えします。

普通預金が急に足りなくなったとしても

総合口座の通帳に定期預金などを預けていると、普通預金の残高が不足した場合に、不足する額について、定期預金などを担保として自動融資できる機能があるのをご存知ですか? この機能を、“当座貸越”と呼びます。

当座貸越では、普通預金残高はマイナスになりますが、普通預金に入金をすれば、自動的に返済がされ、残高はプラスに戻ります。

担保となる商品が定期預金の場合、貸越極度額は一般的には「定期預金の合計額の90%」または「200万円」のいずれか少ない金額まで、となります。たとえば、総合口座に100万円の定期預金を持っている場合、一時的に、普通預金残高を90万円までマイナスにすることが可能です。

何かの都合で口座振替の引落し日に普通預金の残高が不足してしまった、といった場合にも、定期預金が多めにあれば、とりあえず当座貸越の機能を使って、引落し不能を回避することができるということ。不足分を入金するまでの一時しのぎができるのです。

貸越利率は?

当座貸越はあくまで定期預金を担保とした“融資”なので、利息は払わなければなりません。貸越利率は、定期預金の場合、多くの金融機関で“担保定期預金の約定利率+0.5%”です。

ということで、融資とは言っても、カードローン利用や消費者金融などからの融資に比べれば、「はるかに借り入れの利率が低い」ことは言うまでもありません。

なので、「お金が必要だけれど、一時的なことだから定期預金は解約したくない」といった場合、総合口座に定期預金があり、すぐに返済できる見込みがあるのなら、高金利の“借金”はしないで、とりあえず普通預金の当座貸越を利用するのが得策といえるでしょう。

簡単に自動借り入れができるからこその注意点も

ただし、気を付けたいのは、一時的なマイナスではなく、いつも普通預金がマイナス残高の状態になってしまうこと。「定期預金があるから自分にはこんなに金融資産がある」と思っていても、当座貸越の額が多ければ、実際はあまり資産がないのと同じようなものなのです。

たとえば、定期預金で「100万円も貯めている」と思っていても、当座貸越をして、もし普通預金残高がマイナス80万円になっていたら、それは、20万円しか貯まっていないようなものですよね。

もし、当座貸越の残高が増え過ぎしまい、その後に普通預金に入金して残高をプラスにできる見込みがない、ということであれば、担保となる定期預金をいったん解約し、当座貸越を清算する方法も考慮した方がいいでしょう。放置していれば、その分、借り入れの利息もずっと付いてしまいます。

また、当座貸越は自動融資ですから、普通預金の通帳記入や残高確認をしないでいると、うっかり、普通預金がマイナスになっていることに気づかないこともあります。総合口座通帳の普通預金のページはまめに記帳して、マイナス残高に気づいたら早めに入金するように心がけましょう。

当座貸越の担保にしたくない資産は別の通帳で

「普通預金をマイナスにできることがわかると、足りないときにいつも、当座貸越に頼ってしまいそう……」。そんな心配のある方は、総合口座通帳に担保となる定期預金などを持たず、定期預金などは他の通帳で作っておく方がいいでしょう。

そうすれば定期預金などが自動的に担保になることはありませんから、当然、普通預金残高をマイナスにすることはできません。普通預金の残高が不足しないように、ふだんから計画的に利用する習慣も身に付いてくるでしょう。

あるいは、万一のときに少額の当座貸越だけできるよう、たとえば、数万円~10万円くらいの定期預金だけを総合口座で持ち、それ以外の定期預金などは全て総合口座以外で持つ、という方法もおすすめです。自分が最も使いやすいと思える方法を考えてみてくださいね。

いかがでしたか。ここまで当座貸越についてざっと説明をしてきましたが、一口に総合口座と言っても、金融機関によって規定に違いがありますし、個人の取引状況によって扱いが異なる場合もあります。ご利用前には、詳細について、各金融機関の規定をご覧になったり、お問い合わせなさったりしてください。

いずれにしても、当座貸越は、あくまで“お金を借りている状態”ですから、いざというときの手段として利用するのにとどめておくのが、上手な総合口座の使い方といえるでしょう。

(ライター 川口沙織)

あわせて読みたい