挽いた豆でいれるドリップしたてのコーヒーは美味しいですよね。お店ではなく自宅で淹れて飲んでいるという人も多いと思いますが、使用後のコーヒーの粉(抽出かす)はどうしていますか? そのまま捨てているとしたら、それはもったいない! なんと、再利用できる方法があるというのです。
今回は『UCC上島珈琲』のWEBサイトを参考に、筆者が実際に試してみたコーヒーの抽出かすの再利用法と感想を紹介します。

コーヒーの抽出かすには“脱臭効果”がある

コーヒーの抽出かすには、脱臭効果があるといいます。なかでもアンモニアの脱臭効果に優れているそう。なぜなら、コーヒーの抽出かすは酸性なので、アルカリ性であるアンモニアを中和させてアンモニアの吸収率を高めるからとのこと。

同社の実験によると、コーヒーの抽出かすは、一般的に家庭用消臭剤に使われている活性炭に比べて約5倍のアンモニア吸収率だそうです。

コーヒーの抽出かすを再利用するための下準備

コーヒーの抽出かすは、水分を含んだままのほうがアンモニア臭の脱臭力が高まりますが、置く場所が高温になるとカビてしまうことがあります。

なので、トイレの脱臭に使用する場合は、湿ったままで使用して1〜2日で交換するようにしましょう。それ以外の場所や用途で使用するときは、よく乾燥させてから使うとよいとのことです。

コーヒーの抽出かすの入れ物には、小皿やジャムなどの空き瓶、洋服を購入したときなどに入れてもらう不織布袋、排水溝ネットなどが便利です。

ゴミ箱の臭いやグリルの油汚れに! 再利用方法2例

では具体的に、どんな再利用の方法があるのでしょうか? 主婦として日々生ゴミの臭いやキッチンの汚れと格闘している筆者が、試してみました!

1:消臭剤の代わりに使う

前述したとおり、コーヒーの抽出かすには脱臭効果が認められているので、家の中で臭いが気になる場所に置いてみました!

ゴミ箱

コーヒーの抽出かすを不織布袋に入れ、それをゴミ箱の底に置いてみました。蓋つきゴミ箱の場合は、蓋の裏に紐で吊るしたり、両面テープで貼り付けて使うのもよいそうです。

結果、ゴミ箱を開けたときに、いつも感じていた生臭さがなくなりました!

冷蔵庫

生臭さといったら冷蔵庫も気になる! ということで、冷蔵庫内の片隅に不織布袋に入れた抽出かすを置いてみたところ、こちらも消臭効果を感じることができました。

靴箱や靴

夏場は特に、靴や靴箱の臭いも気になりますよね。そこで、抽出かすを蓋を外した瓶に入れて靴箱内に置きます。こちらは、置き始めて三日後くらいから消臭効果が感じられました。

さらに、1日履いて臭いが気になる靴にもオススメです。抽出かすを不織布袋に入れ、それを直接靴の中にいれましょう。この場合は十分に乾燥させた抽出かすを使いましょう。

2:グリルの臭い消しと油汚れに

消臭効果があるならば、魚を焼いた後のグリルの臭い消しに使ってみてはどうか?と試したところ、臭いが消えるだけでなく油汚れも落とすことができました。

なんでも、コーヒーの抽出かすの多孔質な構造が、汚れを吸い取ってくれるんだとか。

使い方は、乾燥させたコーヒーの抽出かすを、使い終わった魚焼きグリルの底面にばらまき、さっと流すだけ。その後、残った油汚れを軽くスポンジで洗うだけで済みます。

いかがでしたか? コーヒーを淹れると必ず出る抽出かす。どうせ捨てるなら、その前に有効活用してみてはいかがでしょうか。

(ライター やまさきけいこ)

【参考】

コーヒー抽出かす:脱臭効果 – UCC上島珈琲

あわせて読みたい