オーストラリアの都市、ゴールドコースト。 デュランバービーチでサーフィンを楽しんでいたのは、サーファーのサム・ユンさん。波に気持ちよくライドオンしていたユンさんでしたが、突如、1頭のイルカが波間からジャンプ。そのままユンさんに激突してきたから、さあ大変! 

前代未聞な事件の一部始終をとらえた映像が、オーストラリアのニュース番組「9NEWS」のFacebookに投稿されておりました。

【ケガはしなかったみたい】

ジャンプしたイルカは、ユンさんのほぼ真上、正確に言うと体の右側付近に落ちてきて、ユンさんの頭や肩、背中部分に激しくぶつかったものの、そのまま海の中へと消えてしまいます。

ユンさんの安否が気になるところですが、衝突後まもなくして、ユンさんは波間から顔を出し、その後も元気にインタビューに答えていました。どうやら、ユンさんにケガはなかったみたい。よかった!

【ユンさん「イルカと心を通わせることができた」】

「イルカが来ているということはわかっていたが、どうすることもできなかった」と話すユンさん。動画をよく観ると、イルカのほうも、どうにかこうにかユンさんを避けようとしていることが見てとれます。

「衝突事件後、イルカたちと意思疎通ができた気がする」、とユンさん。「海の中でパドリングしているといつもイルカたちが近寄ってくる。けれど彼らは、自分を避けるように泳いでくれるんだ」とのことですが、そのとおりだとしたら、イルカ頭よすぎ! 

【すごい体験しましたね】

こんな貴重な経験をしたサーファーは、世界広しといえどもおそらく、ユンさんくらいなのではないかしら。とにもかくにも、何事もなくてなにより。これからもイルカさんたちと仲良く、サーフィンを楽しんでくださいね~!

参照元:9NEWS ホームページFacebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch