働き女子の皆さんは、何を楽しみに毎日仕事を頑張っていますか?

たまの旅行や外食、買い物だけでは「毎日のストレスを解消できない!」という人も多いでしょう。平日夜に気軽に取り入れられる“ささやかな幸せ”があれば、つらいことがあっても毎日頑張れそうですよね。

そこで今回は、『BizLady』が女性500名を対象に実施したアンケート調査の結果から、世の女性たちが実践している“平日夜のささやかな幸せ”をご紹介します。

ジャンクフード、高級ワイン、コンビニスイーツ……食べ物・飲み物で「幸せ」!

“ささやかな幸せ”の回答でとりわけ多かったのは、食べ物・飲み物に関すること。ジャンクフード、ケーキ、紅茶、コーヒー、ワイン、ビールなど、好きなものを飲み食いして幸せを感じている人が多いよう。

美容のために高カロリーなジャンクフードやアルコールを制限している女性も多いはず。そんな中で味わう背徳感のせいか、なぜかより美味しく感じたりするものです。

「マックのダブルチーズバーガーを家でたべる」(23歳/学生)

「牛丼屋さんで食べられない量のどんぶりを食べる」(28歳/その他)

「夜のポテトチップス」(42歳/総務・人事・事務)

「ビールと一緒に大好きなチーズを食べること」(32歳/その他)

「高級ワインを自宅で飲む」(36歳/総務・人事・事務)

「生ハムを食べながらビールを飲む」(39歳/総務・人事・事務)

中には、「自宅に帰ったらすぐに焼酎をラッパ飲みする」(43歳/金融関係)というワイルドすぎる回答も!

海外ドラマや動画サイト、Instagramなどをのんびりみて「幸せ~」

食べ物・飲み物と並んで多かったのが、好きなドラマや映画、動画サイト、InstagramなどのSNSをのんびりと閲覧するという人。

「Instagramで可愛い人やおしゃれな人を見る。本を読む。映画を見る」(25歳/その他)

「海外ドラマを観る」(34歳/総務・人事・事務)

「旅番組を見て癒されるか、クイズ番組で回答できるものはしてスッキリ爽快感を味わう。お風呂にゆっくり入る」(34歳/その他)

テレビやインターネットに比べると少数派でしたが、リラックスタイムに漫画や本を読むという女性も。

「早めにお風呂に入って、寝るまでの時間に漫画を読むこと」(31歳/その他)

皆、それぞれの方法で平日の夜を楽しんでいるようですね。

可愛い存在に癒される人、スキンケアで自分自身を癒す人などさまざま

自分や親族の子ども、そして動物など“可愛い存在”と触れ合って癒されている、という意見もいくつかありました。言葉が通じても通じなくても、なぜか接しているだけで元気がもらえますよね。

「(親族の)赤ちゃんと遊ぶ」(24歳/金融関係)

「犬とたわむれる」(41歳/研究・開発)

「ペットのハムスターと遊ぶ」(21歳/学生)

また、スキンケアを丁寧にして“自分で自分を癒す”という女性たちも。1日頑張った自分の体をいたわるのは大切な習慣です。

「お風呂上がりの顔パック」(27歳/総務・人事・事務)

「スキンケアをする時間が幸せ」(27歳/研究・開発)

少数ながら外で過ごす派も! ジムで汗を流す、サウナ、居酒屋、習い事など

“お家でのんびり”派がほとんどでしたが、退社後も外で過ごすアクティブな女性も何人かいました。スポーツジムで体力作りをしたり、習い事教室に通って自分磨きをしたりと、思い思いの過ごし方をしているよう。

「ジムに行く」(26歳/総務・人事・事務)

「サウナに入る」(30歳/金融関係)

「会社の帰りに習い事に行く」(38歳/その他)

「近所の小さな居酒屋に行く」(31歳/その他)

以上、女性500名に聞いた“平日夜のささやかな幸せ”でしたが、いかがでしょうか?

一生懸命働いた後には、“小さな幸せ”も大きく感じるものなのかもしれませんね。

元の記事を表示