現在30代のわたしが20歳そこそこだった頃、時代はカフェブーム。カフェ巡りがオシャレの最先端!というムードが世の中に充満しており、わたしもそのブームに乗っかっていたっけ。

当時、チェーン店の中でダントツな人気を誇っていたのが「スターバックスコーヒー(以下、スタバ)」。「スタバ」で友人や知人がバイトしていると聞くと、それはそれは憧れたものでした。

その “なんかよくわかんないけどシャレオツ” といったイメージはずーっと変わっておりませんし、2017年となった現在も圧倒的人気を獲得しているように思えます。

さて、本日取り上げるのは、多様な働き方の調査研究機関「ツナグ働き方研究所」が行った、「アルバイト採用ブランドランキング」。「スタバ」はこのランキングで1位を獲得していました!

【「スタバ」は「採用ブランド力」もスゴかった】

こちらで実施したのは、「人気調査」ではなく「採用ブランド力」を知るための調査です。学生がアルバイトを選択する際に重視する因子を特定。アルバイト先としてメジャーな40ブランドを対象に因子ごとのイメージを数値化して、アルバイト採用ブランド力を計測したんですって。

なお「因子」には「働くのが楽しそう」「自分の成長・キャリア形成につながりそう」などが挙げられていましたよ。

【あの人気テーマパークをさえての1位!】

以上を踏まえて大学生152名を対象に調査を実施した結果、見事1位を獲得したのが「スタバ」だったそう!

続く2位は「東京ディズニーリゾート」、3位は「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」という結果となりました。日本の2大アミューズメントパークを押さえての1位……やっぱいつの時代も「スタバ」はモテモテなのね~!

【なぜこんなに人気があるのか】

そういえば、昨年 Pouch でお伝えした「イマドキの若者がアルバイトしたい店ランキング」で1位を獲得していたのも「スタバ」。

一体なにがそんなに若者たちを惹きつけるのか。「ここで働きたい!」と思わせるのか。あれこれ考えていたところ、「スタバフェス」へ取材に行った編集部の百村モモが見解を聞かせてくれました。

「スタバフェスには店員さんが駆り出されていたようなのですが、絶対疲れているのにそんなことは全く表に出さず、終始笑顔。臨機応変に対応してくれるわ、とにかくべらぼうに優しいわで、店員さん全員が “神って” ました。気がついたら店員さんのことが、めちゃくちゃ好きになっちゃってたんですよね。ココで働きたいと若者が思うのも、よくわかります」

【「ここなら楽しく働けそう」って思うのかも?】

なるほどね~。たしかに「スタバ」の店員さんって、「いつだって笑顔」「感じがいい」というイメージが強くあります。

これも企業努力の賜物なのでしょうが、なかなかできないことですよ。オシャレという要素はもちろん、こういった “とっつきやすさ” も、「スタバ」の大きな魅力となっているのかもしれませんね。

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ(c)Pouch