友人の結婚報告を聞いたとき、「おめでとう!」と喜びながらも内心「いいなー」とため息をついてしまう……そんな未婚女性もいることでしょう。

結婚願望のある女性にとっては、やっぱり知りたい……男性が結婚を決意する瞬間って? その理由って!?

そこで『BizLady』では、既婚男性に“結婚を決意したときとその理由”についてのエピソードを調査。ショッキングな答えも散見されつつ……ジーンときてしまうようなハッピーもいっぱい詰まっていましたよ!

長すぎた春を乗り越えた人も! 既婚男性500名が告白「僕が結婚を決意した理由」

調査では既婚男性500名に対し、「あなたが奥様との結婚を決意したのはどんなとき、どんなきっかけでしたか?」と質問しました。

まず、多かった回答からご紹介しましょう。

「付き合いが長くなったから」(39歳/コンピューター関連技術職)

よく“長すぎた春”などと言い、付き合いが長くなりすぎたためにかえって結婚まで至らなかったカップルの話もよく聞くもの。ですが、こうして結婚にたどり着いた人もやはりいます。

「同棲してうまく生活できたので」(38歳/営業・販売)

結婚を見据えた“お試し同棲”を経て、という人も少なくないようですね。

「子どもができたから」(38歳/コンピューター関連技術職)

いわゆる“できちゃった婚”ですが、現代ではひとつの立派なきっかけと言えるでしょう。

「妻の友人から、どんな気持ちで付き合っているのかと聞かれたとき」(74歳/その他)

ちょっとおせっかいかもしれない、友達のこんな後押しがきっかけになることもあるようです。

「両親に紹介したとき、この人なら上手くやってくれると思ったから」(58歳/営業・販売)

結婚するにあたり避けて通れない、お互いの親兄弟や親戚との付き合い。自然と打ち解けてくれたら、結婚を決意することに繋がりそうですね。

親に関するエピソードでは、こんな回答も。

「両親が彼女との結婚を勧めてきて、“今なら結婚式費用と新婚旅行代は出してあげるから”と言ってくれたから」(67歳/その他)

友達だけでなく、親が結婚をプッシュをするというパターンもあるのですね。

「見合いだったので、初対面の時点で決めていた」(40歳/コンピューター関連技術職)

30代の別の回答者にも、「見合いで」という答えがありました。現代でも、いや現代だからこそ、安心感のあるお見合いは十分アリなのかもしれません。

「誰でもよかった」に「気の毒だったから」!? 結婚のきっかけ、カラクチ回答

ではここで、ちょっとショック!? なカラクチ回答もお伝えしましょう……。

「結婚したかったので誰でもよかった」(58歳/コンピューター関連技術職)

「他の女よりマシだった」(59歳/コンピューター関連技術職)

眉をひそめたくなる回答ですが、さらに上を行くこんな回答も……。

「あまりにも気の毒だったから」(34歳/その他)

「結婚を迫られたので」(53歳/医師)

逆プロポーズも、“求婚”と受け取られるか、“迫られた”と捉えられてしまうか……そこには大きな溝がありそうですね。

思わず胸キュン! 結婚を決意した理由ハッピーエピソード8選

シビアな回答の後は、思わずキュンとしてしまうハッピーエピソードをたっぷりどうぞ!

「いつも笑顔で、彼女しかいないと思えたから」(33歳/営業・販売)

「ずっと一緒にいたいと思ったから」(39歳/その他)

「一緒にいて穏やかな気分になれたから」(48歳/その他)

「遠くに転勤になった際、離れたくなかったから」(52歳/総務・人事・事務)

「一目惚れだった、理想の女性に出会えたと思った」(72歳/その他)

「運命の人だから」(51歳/営業・販売)

「自分を愛してくれたから」(75歳/その他)

「ただただ好きだったので」(61歳/その他)

なんだか、幸せのおすそ分けを貰った気分ですね。

以上、既婚男性が結婚を決意した理由でしたが、いかがでしょうか?

結婚したのは何十年も前、という熟年夫婦になった男性の中には、理由やきっかけなんて「忘れてしまった」という人も。けれど、たとえ忘れていたとしても、

「古すぎて覚えていませんが、今でも大好きです」(71歳/その他)

なんて言われたら……、嬉しすぎますね!